TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年01月08日

ルーサー・ヴァンドロス(ストップ・トゥ・ラヴ)

ルーサー・ヴァンドロス


Luther Vandrossは、アメリカのR&B歌手である。

バックアップボーカルでの活動が評判となり、ゲストとしてチェンジ等のアルバムの一部でメインボーカルを担当し、1976年にソロデビューにたどり着いた。

1980年代のいわゆるブラコン(ブラック・コンテンポラリー)の第一人者のひとりであり、歌手としてだけではなく、サウンドクリエイターとしても知られる。

ヴァンドロスは、ダイアナ・ロス、ロバータ・フラック、ゲイリー・グリッター、カーリー・サイモン、チャカ・カーン、トッド・ラングレンのユートピア、ドナ・サマー、ベット・ミドラー、シック、バーブラ・ストライサンド、デヴィッド・ボウイらのバック・ボーカルを務めた。

ヴァンドロスは 1970年代後半から 1980年代前半までに、立て続けにヒット・シングルに貢献し、1970年代後半には人気セッション・シンガーとしての地位を築いた。


ストップ・トゥ・ラヴ


Stop to Loveは、1986年アルバム「ギブ・ミー・ザ・リーズン」に収録されているヒット曲

R&B チャートでのナンバー 1 ヒット

wikipedia

ルーサー・ヴァンドロスは、70年代、80年代後半まで全米TOP10に入る曲はなく、大ヒットには恵まれませんでしたが、89年から90年代前半にかけて大ヒット曲を何曲も出しています。

その中で、マライア・キャリーとのデュエット曲「エンドレス・ラブ」(ライオネル・リッチーとダイアナ・ロスのカバー)があるんですね!



マライア・キャリー&ルーサー・ヴァンドロス(エンドレス・ラブ)はこちら

にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Give Me the Reason

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 16:04| Comment(0) | 1986年のヒット曲

2017年01月07日

ザ・ソフトーンズ(好きにならずにいられない)

ザ・ソフトーンズ


The Softonesは、AVCOが第二のスタイリスティックスを期してデビューさせたヴォーカル・トリオ


好きにならずにいられない


Can't Help Falling In Loveは、エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」のカヴァー

1973年のヒット曲

ザ・ソフトーンズについては、あまり情報がないので詳細は多く書けませんが、この曲を見つけてすごく良いと思ったので掲載しました。

スタイリスティックスが歌っているのかと、勘違いしそなくらい似ていますが、でもこのカヴァーはいいですね!スイートソウルというだけあって、非常にあまい歌い方です!



コリー・ハートの(好きにならずにいられない)はこちら

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ザ・ソフトーンズ(紙ジャケット仕様)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 15:49| Comment(0) | 1973年のヒット曲

2017年01月05日

スレイド(カモン!!)

スレイド


SLADEは、1966年にイギリスウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトンで結成されたロックバンドである。

1970年代にはグラムロックブームの一翼を担いつつヒット・チャートを席巻し、1980年代に入っても人気を得た。

現在はハード・ロックバンドとしての評価もされている。

イン・ビトゥインーズ(N'Betweens)名で1966年結成。

同年キム・フォウリーのプロデュースでシングルをリリースしているが、この時点では単発に終わる。

その後元アニマルズのチャス・チャンドラーに見出され、1969年アンブローズ・スレイド(Ambrose Slade)名義でファースト・アルバム『ビギニングス(Beginnings)』を発表。

このアルバムはスレイドのディスコグラフィーでもファースト・アルバムとして扱われている。

ここまではビート・ロックやサイケデリック・ロックの影響下にあるサウンドを聴かせていたが、チャンドラーの指導によりイメージ改革に乗り出すこととなる。

スレイドへ改名し、派手な衣装をまとい、ポップなメロディーに豪快かつタイトなリズムを合わせたサウンドを創出。

ティーンエイジャーから厚い人気を得るようになった。


カモン!!


Cum on Feel the Noizは、1973年の大ヒット曲

全英1位獲得曲

wikipedia

調べてみましたが、この曲がどのアルバムに収録されているのか、わかりませんでした。ベスト盤には収録されていました。

スレイドは、アメリカでは人気が出なかったようです。イギリスでは何曲も1位になっています。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Feel The Noize: Greatest Hits (UK)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 14:37| Comment(0) | 1973年のヒット曲

2017年01月03日

ジャクソン5(帰ってほしいの)

帰ってほしいの


I Want You Backは、ジャクソン5が1969年に発表したシングル曲。

モータウンとの契約後としては初のシングルで、グループのメジャー・デビュー作に当たる。

1969年にシングルとして発表されると、翌1970年には、Billboard Hot 100と『ビルボード』誌のR&Bチャートの両方で1位を獲得した。

アルバム「帰ってほしいの」に収録されているタイトル&シングル大ヒット曲

ジャクソン5は、本作から4作連続で、Billboard Hot 100とR&Bチャートの両方のトップに達することとなる。

wikipedia

この曲の発売は1969年ですが、1970年に全米NO.1になっているので掲載しました。

ジャクソン5のデビュー曲で有名な良い曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


帰ってほしいの

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 16:14| Comment(0) | ジャクソン5

2016年12月31日

スタイリスティックス(16小節の恋)

16小節の恋


Sixteen Barsは、1976年、スタイリスティックスのシングルヒット曲

この曲はディスコ曲?という感じがしますが、その当時ディスコで流れていた記憶があります。

欧米でヒットしましたが、日本でも大ヒットした曲です。





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


16小節の恋 [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 14:39| Comment(0) | スタイリスティックス