2018年05月26日

スティーヴィー・ニックス(エッジ・オブ・セブンティーン)

エッジ・オブ・セブンティーン


Edge of Seventeenは、スティーヴィー・ニックスの1981年アルバム『麗しのベラ・ドンナ』に収録されているヒット曲

翌年シングルカットされヒットした。

トム・ペティと「Stop Draggin' My Heart Around」のレコーディングをしている時、ニックスはペティの最初の妻のジェーンに夫婦が出会った頃のことを尋ねた。

ジェーンは「At the age of seventeen(17歳の時に)」と答えたが、彼女の南部なまりがあまりに激しかったためにニックスは「Edge of seventeen」と聞き間違えた。

ここからタイトルが生まれることとなった。

2週連続でビルボード・Hot 100の11位を記録

wikipedia

スティーヴィー・ニックスは、ハスキーボイスでこの曲にぴったりですね



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング

下記にも100曲掲載していますバッド(下向き矢印)

70年80年代ヒット曲動画パート2





posted by かどやん at 14:06| Comment(0) | 1982年のヒット曲

2018年05月22日

アウトフィールド(ユア・ラヴ)

アウトフィールド


The Outfieldは、イギリスのロンドンに本拠を置く英国のロックバンドでした。

バンドは1980年代半ばに成功を収め、ヒットシングル " Your Love "が最もよく記憶されている。

バンドのラインナップは、ギタリストのジョン・スピンクス、ボーカリスト、ベーシスト、トニー・ルイス、ドラマー、アラン・ジャックマンから構成されています。

彼らは米国で商業的成功を収めましたが、故郷では決して成功しませんでした。

バンドは1980年代半ばに録音を開始し、1985年にコロンビア・レコードを通じてファースト・アルバム「Play Deep 」をリリースしました。

アルバムはビルボード 200のリストで9 位に達し、その後アメリカのトリプルプラチナに達した。


ユア・ラヴ


1985年アウトフィールドのデビューアルバム「Play Deep」に収録されている大ヒット曲

全米6位獲得曲

wikipedia

バンドは最初「The Baseball Boys」という名前だったそうです。その後に「アウトフィールド」に変えたそうです。「外野」という意味ですね、イギリス出身なのにベースボールのバンド名にするのは不思議ですが、アメリカで成功したのですから、大正解ということだと思います。

全米6位なので、良い曲じゃないですか!



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング

下記にも100曲掲載しています。

70年80年代ヒット曲動画パート2




posted by かどやん at 12:32| Comment(0) | 1985年のヒット曲