TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年09月14日

ディープ・パープル (スモーク・オン・ザ・ウォーター)

ディープ・パープル


1968年にイギリスで結成されたハードロックバンド。

ヴォーカル/ギター/ベース/キーボード(特にハモンド・オルガン)/ドラムスという構成で、マイナー・コードと爆音の様なサウンドを使った演奏を繰り広げる、というハード・ロック、もしくはヘヴィ・メタルの定型を作り上げたバンドとして知られている。

特に、いわゆる第2期と呼ばれる時期の作品に名作が多く、商業的にも成功した為、一般的に認知度の高い楽曲やフレーズ、ギターリフが多い。

1976年に一度解散したが、1984年に再結成し、2007年1月現在に至るまで10回のメンバーチェンジを行いながらも、現役として活動を続けている。


スモーク・オン・ザ・ウォーター


1972年に発表したアルバム『マシン・ヘッド』に収録されている楽曲である。

ホテルの窓から湖の上に煙が立ち込める様子を見ていたイアン・ギランが、隣にいたロジャー・グローヴァーに向かって不意に「スモーク・オン・ザ・ウォーター」という単語を発した。

それを聞いたロジャー・グローヴァーは、その時はドラッグを連想するからディープ・パープル向きでは無いと思ったと言われている(発した方と聞いた方が逆という説もある)。

しかし、やがて彼らの中で次第にこの言葉が膨らみ始め、リッチー・ブラックモアが書いた印象的なリフと融合して、ロック史上に輝く名曲といわれる「スモーク・オン・ザ・ウォーター」が誕生した。

ロジャー・グローヴァーは「シンプルだからこそ他と絶対間違わない、一度聴けばそれだと分かる。シンプルだからこそ力強い」とスモーク・オン・ザ・ウォーターを評している。

日本ではクワタバンド(桑田佳祐バンド)、B'z(松本孝弘ソロコーナー)、王様など数多くのアーティストがこの楽曲をライヴでカヴァーしている。

80年代から90年代のバンド少年やバンド少女が最初に覚えようとした一曲でもある。

以上Wikipediaより抜粋

初めてこの曲を聴いたときの衝撃は大きかった!以来ディープパープルの大ファンになった。



ディープ・パープル 1974カリフォルニア・ジャム(輸入盤) PMD-02 [DVD]





posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープ・パープル

2008年09月30日

ディープ・パープル (ハイウェイ・スター)

ハイウェイ・スター


この曲も1972年アルバム「マシン・ヘッド」に収録されている

スモーク・オン・ザ・ウォーター同様ディープ・パープルの代表曲である。

この楽曲では、中盤部分に入るジョン・ロードのバッハのコード進行を引用したキーボードソロと後半のリッチー・ブラックモアの面目躍如たる速弾きギターソロが特に有名である。

最大の目玉となる超絶的な速弾きが後進ギタリストに与えた影響は計り知れない。

ヘヴィメタル分野での教則本では、この楽曲が掲載されることが非常に多い。

それでなくても速弾きのインパクトが絶大であったため、ギターを手にした者ならば、その多くがこの楽曲の速弾きをコピーしたとされる(特に日本ではパープルの人気が非常に高く、それが顕著であったといわれる)。

発表後三十年以上の時がすぎているものの、この楽曲がギタリストとしての登竜門的な存在であることに変わりはない。

以上Wikipediaより抜粋



マシン・ヘッド




posted by かどやん at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ディープ・パープル

2009年03月22日

ディープ・パープル (ブラック・ナイト)

ブラック・ナイト


1970年本国イギリスで『ディープ・パープル・イン・ロック』というタイトルのアルバムが発売された。

このアルバムはイギリスチャート4位に入り、さらにプロモーション用にレコーディングしたシングル曲の「ブラック・ナイト」がイギリスで2位を獲得した(ただしアメリカでは両方ともさっぱり売れなかった)。

日本では翌1971年2月に発売され約10万枚を売り上げ当時のハードロックのシングル盤としては異例のヒットを記録した。

特に、当時ロックはヒットしないという定説があった名古屋でもこの曲が大ヒットして、関係者を驚かせたという。

以上Wikipediaより抜粋



“BLACK NIGHT” DEEP PURPLE TRIBUTE ACCORDING TO NY






posted by かどやん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープ・パープル

2009年08月01日

ディープ・パープル (紫の炎)

紫の炎


1974年アルバム「紫の炎」からのタイトル&シングル大ヒット曲

有名なリフを持ちテレビ番組の効果音やコマーシャルなどでたびたび使用されている。



紫の炎




posted by かどやん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ディープ・パープル

2015年02月25日

ディープ・パープル(ストレンジ・カインド・オヴ・ウーマン)

ストレンジ・カインド・オヴ・ウーマン


1971年アルバム『ファイアボール』に収録されているヒット曲。

全英NO8獲得曲、アルバムは全英NO1



ファイアボール





posted by かどやん at 11:16| Comment(0) | ディープ・パープル