2016年03月17日

レインボー(キル・ザ・キング)

レインボー


イギリスのロックバンド

ギタリストとして既に音楽的にも商業的にも世界的な成功を得ていたディープ・パープルのリッチー・ブラックモアが、同バンドから脱退して新たに結成したソロ・バンド。

そのためデビュー・アルバム時はアルバム・タイトルと同じ「リッチー・ブラックモアズ・レインボー」(Ritchie Blackmore's Rainbow)と表したが、セカンド・アルバム時は「ブラックモアズ・レインボー」(Blackmore's Rainbow)、最終的には「レインボー」(Rainbow)というバンド名で活動した。


キル・ザ・キング


1978年アルバム「バビロンの城門」に収録されているヒット曲

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


バビロンの城門<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)


posted by かどやん at 12:13| Comment(0) | 1978年のヒット曲

2016年04月17日

ケイト・ブッシュ(嵐が丘)

ケイト・ブッシュ


イギリスの歌手、作詞・作曲家。

ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアに見出されレコード・デビューに至った。それ以前に自分で売り込んだ際には、レコード会社から見向きもされなかった。

デビュー当時は19歳ということもありアイドル的な見方もされたが、高い歌唱力をベースに高音から低音まで様々な声質を使い分け、トータルで独自の世界を展開するアーティストとして確固たる評価を得た。

英国音楽メディアのNMEやMOJOが「ロック史上、誰よりも大きな影響を与えてきた女性アーティスト」と評するなど、現在に至るまでイギリスを代表する女性アーティストとして活動を続けている。


嵐が丘


ケイト・ブッシュが19歳の時に発表された1枚目のシングルであり、彼女の唯一の全英ナンバーワン・ヒットである。

この曲は、ファーストアルバム『天使と小悪魔』にも収録されているほか、1986年のベストアルバム『ケイト・ブッシュ・ストーリー』には新たにボーカルを録音したニュー・バージョンが収録されている。

題名から分かるとおり、この曲は、エミリー・ブロンテの有名な小説『嵐が丘』をテーマにしたものであるが、ケイト・ブッシュは直接には小説からではなく、テレビドラマ化された作品から着想を得たという。

『恋のから騒ぎ』のオープニングテーマ曲としても知られている。

wikipedia

この曲イコール『恋のから騒ぎ』というイメージになりました。




天使と小悪魔 対象商品


posted by かどやん at 13:28| Comment(0) | 1978年のヒット曲