TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年08月10日

レッド・ツェッペリン(移民の歌)

レッド・ツェッペリン


Led Zeppelinは、イギリスのロックバンド。人気・実力共に1970年代を代表する世界的なロックバンドである。

1970年代、世界中で圧倒的な人気を誇ったロックバンドである。

日本においても彼らのアルバムが発売されるとすぐにスーパースターとなり、1971年の初来日公演の衝撃と演奏の素晴らしさは日本の音楽史上に残る伝説となった。

常にマスメディアと距離を置き、最初期を除きTVでは殆ど演奏しなかったにもかかわらず、アルバムセールスや観客動員数・ギャランティで他に類を見ない空前の記録を作り続けた。

解散して27年以上経った現在でも世界中でアルバムは売れ続け、巨大な影響力を持ち続けている。

アメリカだけでも通算アルバムセールスは1億枚を超えており、エルヴィス・プレスリーやビートルズ と並ぶセールスを誇る。

これはマイケル・ジャクソンやローリング・ストーンズの倍以上のセールスである。

なお、全世界でのアルバムセールスの累計は現在のところ3億枚を突破している。


移民の歌


Immigrant Songは、1970年、第3作アルバム『レッド・ツェッペリン III 』のA面1曲目に収められて発表された。

シンプルながらキャッチーなギターリフ、ジョン・ボーナムの真骨頂とも言うべきパワフルなドラミング、そして何より鬨の声を思わせるプラントのシャウトが印象的なハードロックナンバーである。

歌詞の内容は氷雪と白夜の国、すなわち北欧からやって来た航海者が西方の新天地に至り、大君主となって争いを収め、人々に平和と信頼とを取り戻すよう求めるというものであり、クリストファー・コロンブス以前にアメリカ大陸に到達したヴァイキングの伝説を歌ったものと考えられる。

「移民の歌」はアメリカ、日本などでシングルカットされ、アメリカではビルボードのチャートで16位まで上昇するヒットとなった。

以上Wikipediaより抜粋しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

レッド・ツェッペリンIII<2014リマスター/デラックス・エディション>

posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レッド・ツェッペリン

2008年08月27日

レッド・ツェッペリン(天国への階段)

天国への階段


レッド・ツェッペリンの代表曲。

ジミー・ペイジとロバート・プラントとによって作詞作曲された。

1971年に発表され、以後ロック史上に残る名曲の一つとして広く愛聴されている。

レッド・ツェッペリンの4枚目のアルバム「レッド・ツェッペリン IV」のA面4曲目に収録されて発表された。

この曲はアメリカのFMラジオ局で最も頻繁にリクエストされる曲となり、アトランティック・レコードはこの曲をシングルとして発売するよう強い圧力をかけたが、ツェッペリン側は頑として応じなかった。

『レッド・ツェッペリン IV』は総計1000万枚の売り上げを達成する大ロングセラーとなったが、このアルバムの売り上げに「天国への階段」が大きく寄与していることは疑いない。

Wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION 2CD]

posted by かどやん at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | レッド・ツェッペリン

2014年06月10日

レッド・ツェッペリン(ブラック・ドッグ)

ブラック・ドッグ


1971年、第4作アルバム『レッド・ツェッペリン IV』のA面1曲目に収められている有名なヒット曲。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


posted by かどやん at 11:55| Comment(0) | レッド・ツェッペリン

2015年04月13日

レッド・ツェッペリン(貴方を愛しつづけて)

貴方を愛しつづけて


1970年アルバム『レッド・ツェッペリン III 』のA面4曲目に収められている曲

プラントの広い声域を縦横に駆使したヴォーカル、ペイジのドラマティックなギターが強烈に印象に残る曲である。

中間部のギターソロについて、レコーディングエンジニアのテリー・マニングは「ロック史上最高のギターソロ」と評しており、スティーヴ・ルカサーも「最も尊敬するプレイ」と賞賛している。

B'zの稲葉浩志も、一番好きな楽曲に挙げている

Wikidata



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

レッド・ツェッペリンIII<2014リマスター/デラックス・エディション>

posted by かどやん at 12:03| Comment(0) | レッド・ツェッペリン

2016年08月29日

レッド・ツェッペリン(胸いっぱいの愛を)

胸いっぱいの愛を


Whole Lotta Loveは、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンの楽曲。2作目のアルバム『レッド・ツェッペリン II』のオープニング・ナンバー。

他のレッド・ツェッペリンの楽曲と同様、イギリスではシングル・カットされなかった。

アメリカ合衆国とドイツ(地元チャートで首位)、オランダ(地元チャートで最高4位)、 ベルギー、フランス、日本でシングル・カットされ、特にアメリカでは最初のヒット・シングルとなり(最高4位)、セールスは100万枚を突破した。

wikipedia

(胸いっぱいの愛を)は、1969年11月22日の発売ですが、15週にわたってチャートにとどまり、最高4位を記録し、レッド・ツェッペリンにとって唯一の全米トップ10入りを果たしたシングル曲とのことですので、70年代のヒット曲になるので掲載しました。

日本では70年代に入ってからヒットし、その後も何年にもわたってヒットし続けた曲、アルバムだと思います。レッド・ツェッペリンといえばこの(胸いっぱいの愛を)だと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




レッド・ツェッペリンII



レニー・クラヴィッツの(胸いっぱいの愛を)


にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング

面白い動画発見しました。
2CELLOS (トゥーチェロズ)のWhole Lotta Love vs. Beethoven 5th Symphony

posted by かどやん at 13:18| Comment(0) | レッド・ツェッペリン