TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2007年11月14日

チャカ・カーン(フィールフォーユー)

チャカ・カーン


驚異的な歌唱力で1970-80年代にR&Bの女王と呼ばれた。

芸名のChakaはアフリカの言語で「炎」「赤い」という意味。
「シャカ」と発音されることもある。Khanは最初の夫の姓。

女性R&B歌手ではアレサ・フランクリンに次ぐ存在と言われる。


フィールフォーユー


1984年、プリンスのカバー曲

全米3位の大ヒット

ラッパーを起用したヒップホップの先駆けとなる先進的なサウンドで、1980年代の名曲に挙げられることが多い。

Wikipedia







posted by かどやん at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 1984年のヒット曲

2007年12月25日

スコーピオンズ(ハリケーン)

スコーピオンズ


1965年に結成されたドイツを代表するハードロック・ヘヴィメタルバンド。1972年デビュー

スコーピオンズはドイツのミュージック・ビジネスを活性化した原動力であり

ハードロック・ヘヴィメタルのカテゴリーを超えたジャーマン・ロックの始祖とも言える存在。


ハリケーン


1984年発売のアルバム「禁断の刺青」の中の一曲

全米8位というスコーピオンズの作品中
最も売れた成功作のひとつ。

Wikipedia

アメリカのバンドかと思ったらドイツなんですね!
でもこの曲いい曲ですね




posted by かどやん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 1984年のヒット曲

2008年02月21日

ボニー・タイラー (ヒーロー)

ヒーロー


1984年のアメリカ映画「フットルース」挿入歌

アメリカでは34位までにしか行かなかったようだ。

日本では麻倉未稀がカバーしてTVドラマ『スクールウォーズ』主題歌に使用され大ヒットとなった有名な曲である。

葛城ユキもカバーしている。






麻倉未稀の(ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO)はこちら




posted by かどやん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1984年のヒット曲

2008年03月01日

ブルース・スプリングスティーン (ボーン・イン・ザ・U.S.A. )

ブルース・スプリングスティーン


アメリカの歌手、ギタリスト、作詞家、作曲家

アメリカを代表するロックン・ローラー。

通称は「ボス(Boss)」

初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示したが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長した。


ボーン・イン・ザ・U.S.A.


1984年、7枚目のアルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A. (Born In The U.S.A.) 』を発表。

アルバム・チャート(ビルボード)1984年6月23日付初登場9位、その後、1984年7月3日から4週連続で1位となり、間をあけて1985年1月19日に再度1位に返り咲くという大ヒット作となる。

以上Wikipediaより抜粋



ボーン・イン・ザ・U.S.A.

新品価格
¥1,554から
(2011/1/3 12:42時点)





posted by かどやん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1984年のヒット曲

2008年05月11日

ローラ・ブラニガン (セルフ・コントロール)

ローラ・ブラニガン


アメリカニューヨーク州ブルースター出身の女性歌手。

祖母はオペラ歌手、母はラジオ局専属の歌手であった。

1982年アルバム『グロリア』でデビュー

硬質なビブラートのかかる5オクターブのパワフルな歌声と大柄な体格を生かしたダイナミックなステージアクションで人気を博し、世界各地をツアーしてコンサートを行ったが、特にラテン・アメリカ、南アフリカでの人気は絶大だった。


セルフ・コントロール


1984年アルバム『セルフ・コントロール』が発表され、西ドイツ、アルゼンチンなど多くの国で第1位に輝く

アルバムタイトル曲『セルフ・コントロール』のプロモーションビデオは、その過激な内容からアメリカのMTVで放送禁止とされた。(のちに解禁された。)

以上Wikipediaより抜粋


1980年代洋楽ランキング

Self Control


ベスト・オブ・ローラ・ブラニガン
posted by かどやん at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 1984年のヒット曲