TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2016年03月19日

エンヤ(オリノコ・フロウ)

エンヤ


アイルランドの歌手・作曲家・音楽家。レコーディングでは様々な楽器を自身で演奏するマルチプレイヤーでもある。

日本では癒し系音楽としていくつものナンバーが愛されている。

曲調は曲の断片を少し聞いただけでも彼女のものと判るほど特徴がある。

クラシックと教会音楽を基礎に、故国アイルランドの音楽など、さまざまな要素を含有しており、ワルツ調の3拍子やその他変拍子の曲も見受けられる。

メインボーカルやバックコーラスを彼女自身の声で幾度も(多いときはミステイク分も含めて一曲あたり200回ほど)録音し、重ねることでダイナミックかつ荘厳なサウンドを生み出すのが一番の特徴。

そのエンヤ自身の声のコーラスと彼女自身が好む深いエコーが、終始一貫して広がりのある音を生む。


オリノコ・フロウ


1988年アルバム「ウォーターマーク」からのシングル大ヒット曲

日本におけるファーストシングル

以上wikipediaより抜粋




Watermark
posted by かどやん at 12:13| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2016年04月08日

マイク・アンド・ザ・メカニックス(リヴィング・イヤーズ)

マイク・アンド・ザ・メカニックス


イギリスのバンド。

ジェネシスのマイク・ラザフォードがリーダーになり結成した。


リヴィング・イヤーズ


1988年アルバム「リヴィング・イヤーズ」からのタイトル&シングル大ヒット曲

全米NO.1獲得曲

この曲は世界中でヒットし、アメリカの Billboard Hot 100では1989年3月25日に1位に達し、カナダ、オーストラリアでは1位、イギリスでは2位を記録した。

また、アメリカのアダルトコンテンポラリーチャートでは4週にわたって1位となった。この曲では、ポール・キャラックがリードヴォーカルをとっている。

今は亡き父親との対立を解決できなかったことに対しての息子の後悔が歌われている。

以上wikipediaより抜粋




Living Years


posted by かどやん at 18:42| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2016年08月25日

アイアン・メイデン(キャン・アイ・プレイ・ウィズ・マッドネス)

キャン・アイ・プレイ・ウィズ・マッドネス


1988年アルバム「第七の予言」に収録されている大ヒット曲

全英3位獲得

アルバムは全英1位、全米12位

アイアン・メイデンて拷問器具「鉄の処女」という意味なんですが、鉄の処女てどんな器具だろうと見てみたらとんでもない器具でした!!こんな器具をバンド名にし、アルバム ジャケットをみても悪魔という感じがたっぷりでてますね!!



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


第七の予言

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 12:06| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2016年10月04日

ガンズ・アンド・ローゼズ(ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル)

ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル


Welcome to the Jungleは、1987年ガンズ・アンド・ローゼズのデビュー・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』のオープニング・ナンバー。

アルバム発売から3か月後には、シングル・カットもされた。

全米ビルボード初登場182位。

当時はバンドメンバーのアルコールやドラッグの問題から、MTVがミュージック・ビデオの放映を拒否するが、ゲフィン・レコードの上層部の説得により、この曲が放映されると一気に人気に火がつき、発表の翌年の1988年にはBillboard Hot 100で最高7位に達した。

タイトルの「ジャングル」とは「現実」を指しており、それに基づいたエピソードがある。

大きなフェンスに囲まれた、クイーンズ地区にある学校の校庭で一晩寝たんだ。

すると、黒人の男が現れてこう言った。

「オマエ自分がどこにいるのか、わかってるのか? ジャングルだよ! オマエ死ぬぜ!」ってね。

だから、そのまま歌に入れたのさ

wikipedia

曲名だけ最初に見たときに、ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル、ジャングルてなんだ?思ってましたが、wikiに説明があったので納得しました。

クイーンズ地区は、ハーレムで80年代は、かなり治安が悪く危険な場所だったと思います。現在はだいぶ改善されているようですね



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


アペタイト・フォー・ディストラクション

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 12:54| Comment(0) | 1988年のヒット曲

2016年10月08日

セリーヌ・ディオン(私をおいて旅立たないで)

セリーヌ・ディオン


Céline Dionは、カナダ人女性歌手である。

ケベック州シャルルマーニュのフランス系カナダ人の大家族に生まれ、マネージャーで後の夫ともなるレネ・アンジェリルが自宅を抵当に資金調達を行う等の尽力をしてデビューし、その後フランス語圏における若年層のスターとして存在感を増していった。

ディオンの音楽は、ロックやR&Bからゴスペルやクラシックに至るまでの様々なジャンルに影響を受けてきた。

歌の言語については、フランス語と英語を日常的に使用する。

彼女が曲を発売する度、その圧倒的な声量と技術的に卓越した歌唱力が主に評価される対象となっている。

『FALLING INTO YOU』で最優秀アルバム賞、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(タイタニック愛のテーマ)」で最優秀レコード賞など計5回のグラミー賞を受賞している。

ニールセン・サウンドスキャンの集計でディオンは全米で2番目に売れた女性アーティストであり、『FALLING INTO YOU』と『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』はいずれもアメリカ国内でダイアモンドに認定されているほか、イギリスでは売り上げが100万枚を超えるシングルが2枚ある唯一の女性アーティストでもある。

また、1995年のアルバム『フレンチ・アルバム』は、フランス語アルバムとしては史上最多売上枚数を記録した。

全世界におけるアルバム売上枚数1億7500万枚を上回った直後の2004年、ディオンは最多売上枚数の女性アーティストを決めるワールド・ミュージック・アワードでショパールダイヤモンド賞を受賞している。

カナダ人歌手としては史上最多売上記録を持つほか、全世界での総売上枚数は2億枚を超えており、世界の音楽史上最も売れたアーティストの一人でもある。


私をおいて旅立たないで


仏: Ne partez pas sans moi(ヌ・パルテ・パ・サン・モア)、英: Don't Leave Without Meはセリーヌ・ディオンの楽曲で、1988年のユーロビジョン・ソング・コンテストの優勝曲。

ヨーロッパ圏では1988年5月6日にシングルリリースされている。

ユーロビジョンのテレビ中継において、ディオンはこの歌を世界各国6億人以上の視聴者の前で歌唱した。

シングルカットは2日間で20万枚を売上げ、トータルで30万枚を売り上げヒットした。

当時としては珍しく、ミュージックビデオも制作された。

wikipedia

この動画が、ミュージックビデオだと思います。

セリーヌ・ディオンは80年代のスターではなく90年代のスターでしょう。80年代後半から世界で売れだし、1997年公開の映画『タイタニック』の主題歌になった「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」の世界的大ヒットで頂点に達したと思います。

この曲はフランス語ですが、私はセリーヌ・ディオンのフランス語のヒット曲を初めて聞きました。

イギリスの歌手かななって思ってましたが、フランス系カナダ人なんですね!



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Ne Partez Pas Sans Moi

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 13:27| Comment(0) | 1988年のヒット曲