TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年07月06日

ザ・ビートルズ (レット・イット・ビー)

ザ・ビートルズ


ビートルズは世界中で最も広く知られ、最も成功したロックバンドである。

ギネス・ワールド・レコーズでは最も成功したグループアーティストとされる。

イギリスのリヴァプールで結成され、アメリカを制圧し、世界中を席巻して現代のポピュラー音楽の流れを変えた。

1962年レコードデビュー。1970年解散。

外貨獲得に大きく貢献したことから、1965年にエリザベス2世から(当時、ロックバンドとしては異例の)MBE勲章が授与された。

世界的アイドルとして成功を収める一方、1960年代以降のロック・ポップスシーンに与えた影響も含め、また後期になって行くほど世界屈指のアーティストとして、その楽曲の普遍性、革新性もまた高く評価されており、現代音楽の金字塔として揺ぎない地位を保っている。

1960年代の日本のグループサウンズもまた、ビートルズから影響を受けたジャンルのひとつである。


レット・イット・ビー


1970年5月にリリースされたビートルズの13作目のオリジナル・アルバムである。

映画『レット・イット・ビー』のサウンドトラック・アルバムであり、ビートルズのラスト・アルバムとなった。

そのアルバムのタイトル&シングル曲

以上Wikipediaより抜粋



レット・イット・ビー
posted by かどやん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ビートルズ

2008年07月24日

ザ・ビートルズ (ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


レノン=マッカートニーの作品。

実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。

リードヴォーカルはポール・マッカートニー。

末期の楽曲で、1970年に発表されたラスト・アルバム『レット・イット・ビー』の収録曲である。

アメリカ合衆国と日本ではこの曲がラスト・シングルとして発表されている

ビルボード誌では、1970年6月13日に週間ランキング第1位を獲得。

ビルボード誌1970年年間ランキングは第45位。

以上Wikipediaより抜粋



レット・イット・ビー
posted by かどやん at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ビートルズ

2009年03月23日

ザ・ビートルズ (ゲット・バック)

ゲット・バック


1969年4月にビートルズが発表した19枚目のオリジナル・シングル曲である。

1970年5月にリリースされたアルバム『レット・イット・ビー』に収録されていますので、1969年のヒット曲ではありますが、掲載します。

レノン=マッカートニーの作品。実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。

アルバム『ザ・ビートルズ』の制作中よりビートルズのメンバー間に音楽性の違いや録音技術の発達によるすれ違いが大きくなりはじめた。

そうしたビートルズ状況を危惧したポールが、「もう一度原点に戻ってやり直そう」と始められたゲット・バック・セッションのために作られた曲である。

歌詞中にあるジョジョとはジョン・レノンのことであるといわれる。

ビートルズとしての活動意欲を徐々に失い、ヨーコとの関係に重きを置くようになったジョンに対して、ポールが戻って来いと呼びかけているものと考えられている。

しかし、ポールがこの曲の "Get back to where you once belonged"(元いた場所に帰れよ)の部分を歌うときにヨーコのほうを見ていた、とジョンから責められたことがあり、ヨーコに向けられた歌という解釈もできる。

以上Wikipediaより抜粋



レット・イット・ビー
posted by かどやん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ビートルズ

2015年04月11日

ザ・ビートルズ(フォー・ユー・ブルー)

フォー・ユー・ブルー


1970年に発表された、ビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』に収録された、フォーク・ブルース・スタイルの曲。

作詞・作曲・ヴォーカルは、ジョージ・ハリスン

アメリカと日本では、1970年にシングル『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード』のB面収録曲として発売されている。両国では、この曲がビートルズ最後のシングル曲となった。

Wikidataより抜粋



レット・イット・ビー
posted by かどやん at 12:58| Comment(0) | ザ・ビートルズ