2008年07月06日

ザ・ビートルズ(レット・イット・ビー)

ザ・ビートルズ


ビートルズは世界中で最も広く知られ、最も成功したロックバンドである。

ギネス・ワールド・レコーズでは最も成功したグループアーティストとされる。

イギリスのリヴァプールで結成され、アメリカを制圧し、世界中を席巻して現代のポピュラー音楽の流れを変えた。

1962年レコードデビュー。1970年解散。

外貨獲得に大きく貢献したことから、1965年にエリザベス2世から(当時、ロックバンドとしては異例の)MBE勲章が授与された。

世界的アイドルとして成功を収める一方、1960年代以降のロック・ポップスシーンに与えた影響も含め、また後期になって行くほど世界屈指のアーティストとして、その楽曲の普遍性、革新性もまた高く評価されており、現代音楽の金字塔として揺ぎない地位を保っている。

1960年代の日本のグループサウンズもまた、ビートルズから影響を受けたジャンルのひとつである。


レット・イット・ビー


1970年5月にリリースされたビートルズの13作目のオリジナル・アルバムである。

映画『レット・イット・ビー』のサウンドトラック・アルバムであり、ビートルズのラスト・アルバムとなった。

そのアルバムのタイトル&シングル曲

Wikipedia






posted by かどやん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ビートルズ

2008年07月24日

ザ・ビートルズ(ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード)

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード


レノン=マッカートニーの作品。

実質的にはマッカートニーの作った楽曲である。

リードヴォーカルはポール・マッカートニー。

末期の楽曲で、1970年に発表されたラスト・アルバム『レット・イット・ビー』の収録曲である。

アメリカ合衆国と日本ではこの曲がラスト・シングルとして発表されている

ビルボード誌では、1970年6月13日に週間ランキング第1位を獲得。

ビルボード誌1970年年間ランキングは第45位。

Wikipedia




posted by かどやん at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・ビートルズ