2008年10月07日

シンプリー・レッド(二人の絆 )

シンプリー・レッド


Simply Redは、イギリス・マンチェスター出身のバンド。

ポップ、ロック、ジャズ、ブルー・アイド・ソウルなどのジャンルに影響を受けた音楽が特徴である。

1985年結成、2010年にいったん解散したが2015年に再結成した。

ボーカルのミック・ハックネルを中心に活動しているが、メンバーの入れ替わりが多く、結成以来のメンバーで残っているのはハックネルのみである。

このため実質的にはハックネルのソロプロジェクトという性質が強い。


二人の絆


1989年アルバム「ニュー・フレイム 」からのシングル曲

全米No.1獲得曲

この曲は、ソウルグループ「ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ 」の70年代のヒット曲をカバーしたものである。

一度は聴いたことがある曲ではないでしょうか



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ

ニュー・フレイム【スペシャル・エディション】

posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1989年のヒット曲

2015年01月23日

リサ・スタンスフィールド(ピープル・ホールド・オン)

ピープル・ホールド・オン



リサにとっての大きな転機は、アンディとイアン(共にブラス・プレイヤー)が、コールドカット(Coldcut) の名で知られるダンス・デュオ、マット・ブラックとジョナサン・ムーアの作品 “Stop This Crazy Thing” に参加した時に訪れた。

彼らはシンガーを探していたわけではなかったが、リサは興味半分でセッションについて行った。そして、即座に、次作 “People Hold On” でのゲスト・ボーカルを依頼されたのだ。

この曲はトップ20ヒットとなり、その成功の余勢を駆って、リサはソロ・シンガーとしてやってみないかと説得された。アンディとイアンは、ライター/プロデューサーとしてサポートすることになった。

リサ・スタンスフィールドより抜粋


People Hold on



posted by かどやん at 16:08| Comment(0) | 1989年のヒット曲