2009年04月03日

ファルコ(ロック・ミー・アマデウス)

ファルコ


オーストリアのミュージシャン

ベーシストとして音楽キャリアをスタートした後、1981年にソロアーティストとしてデビュー

1996年にドミニカ共和国に移住。

1998年2月6日、ドミニカ共和国サント・ドミンゴで自動車事故により死去


ロック・ミー・アマデウス


1985年、「ロック・ミー・アマデウス」をリリース。

刺激的なヒップホップのビートに乗せてモーツァルトの生涯をラップで歌い込んだこの曲は、地元オーストリアを皮切りにヨーロッパ各国でチャート1位を獲得し、翌1986年にはアメリカでも全米1位の大ヒットを記録する。

アメリカではカナダ人、イギリス人、及びオーストラリア人以外の外国人アーティストが大ヒットを飛ばすのは難しく、しかも色物扱いされる類の曲であったが、英語とドイツ語を交互に操ったラップの面白さと、1984年の映画「アマデウス」のヒットを受けた話題性、クラシックの偉人を茶化した痛快さが、異例の大ヒットにつながったといわれていた。

Wikipedia






posted by かどやん at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 1985年のヒット曲

2009年10月10日

パワー・ステーション(ゲット・イット・オン)

パワー・ステーション


イギリスのロックバンド。

メンバーはロバート・パーマーとデュラン・デュランのジョン・テイラーとアンディ・テイラー(二人は兄弟ではない)、シックのトニー・トンプソンとなるユニット。

1985年結成。

アンディ・テイラーが憧れのロバート・パーマーとバンドを組みたくて話を持ちかけたことから生まれた。

1stアルバムの「Harvest For The World」(アイズレー・ブラザーズのカバー)ではロバートとアンディのボーカルが交互に聞ける。


ゲット・イット・オン


1985年アルバム「ザ・パワー・ステーション」からのシングル曲

全米No.9獲得曲

T・レックス「ゲット・イット・オン」のカヴァーである。

Wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ


T・レックスの(ゲット・イット・オン)はこちら



The Power Station


posted by かどやん at 15:45| Comment(0) | 1985年のヒット曲