2008年07月16日

ジョージ・ハリスン(マイ・スウィート・ロード) )

ジョージ・ハリスン


ザ・ビートルズのメンバーの一人として1960年代に世界を制覇し、グループ解散後はソロ・アーティストとして活躍した。

肺癌と脳腫瘍のため逝去。

1988年にビートルズのメンバーとして、個人としてロックの殿堂入りしている。


マイ・スウィート・ロード


1970年アルバム『オール・シングス・マスト・パス』からの先行シングルとしてアメリカで発売され、1971年1月にかけて世界各国でシングル発売された。

アメリカや本国イギリスでは、元ビートルズのメンバーのシングルとしては初となるヒットチャート1位を獲得している。

とりわけアメリカではミリオン・セラーを記録し、イギリスでは1971年度の年間チャートでも1位を記録する大きな商業的成功を収めた。

日本でも20万枚以上を売り上げる大ヒットを記録し、オリコンのシングルチャートで最高4位まで上昇している。

1970年代前半を代表するポピュラーソングであると同時に盗作による大規模な訴訟が起こったことでも知られている。

この曲は18世紀の賛美歌に触発されて書かれたものだったが、同様に1960年代にアメリカでヒットした曲に酷似していた。

1981年にジョージ・ハリスンは多額の賠償金を支払っている。

Wikipedia




posted by かどやん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 1971年のヒット曲

2015年04月07日

ザ・ショッキング・ブルー(悲しき恋心)

悲しき恋心

1971年のヒット曲 

オランダで2位を獲得 日本でもヒットしたようです。



Third Album



posted by かどやん at 12:42| Comment(2) | 1971年のヒット曲