TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2007年12月06日

ジョン・レノン (イマジン )

ジョン・レノン


世界で最も有名なシンガーソングライターの一人である。
ビートルズ時代には、ポール・マッカートニーと
作曲タッグを組み、リードボーカルをとる

ギネスワールドレコードでは
「最も成功したソングライター」として

チャート1位の曲が米国で盟友の
ポール・マッカートニーが32曲、レノンが26曲(共作は23曲)

英国チャートでレノンが29曲、
マッカートニーが28曲(共作が25曲)と紹介されている。

1980年12月8日(現地時間)、
ニューヨーク市の自宅アパート「ダコタハウス」前において、
狂信的なファンとされるマーク・チャップマンに殺害された。


イマジン


1971年に発表されたジョン・レノンの代表曲。
アルバム『イマジン』のタイトルナンバーでもある。

反戦平和の象徴として世界中で愛されている有名曲である。

ジョンの死後の1981年にチャートに再登場して全英1位となった。

以上Wikipediaより抜粋しました。



イマジン





posted by かどやん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1971年のヒット曲

2008年03月04日

T・レックス(ゲット・イット・オン) )

ゲット・イット・オン


1971年アルバム「電気の武者」がUKチャート1位の大ヒット

そのアルバムの中のシングル曲

全英で1位獲得、全米でベスト10内に入る



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ



posted by かどやん at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1971年のヒット曲

2008年07月16日

ジョージ・ハリスン(マイ・スウィート・ロード) )

ジョージ・ハリスン


ザ・ビートルズのメンバーの一人として1960年代に世界を制覇し、グループ解散後はソロ・アーティストとして活躍した。

肺癌と脳腫瘍のため逝去。

1988年にビートルズのメンバーとして、個人としてロックの殿堂入りしている。


マイ・スウィート・ロード


1970年アルバム『オール・シングス・マスト・パス』からの先行シングルとしてアメリカで発売され、1971年1月にかけて世界各国でシングル発売された。

アメリカや本国イギリスでは、元ビートルズのメンバーのシングルとしては初となるヒットチャート1位を獲得している。

とりわけアメリカではミリオン・セラーを記録し、イギリスでは1971年度の年間チャートでも1位を記録する大きな商業的成功を収めた。

日本でも20万枚以上を売り上げる大ヒットを記録し、オリコンのシングルチャートで最高4位まで上昇している。

1970年代前半を代表するポピュラーソングであると同時に盗作による大規模な訴訟が起こったことでも知られている。

この曲は18世紀の賛美歌に触発されて書かれたものだったが、同様に1960年代にアメリカでヒットした曲に酷似していた。

1981年にジョージ・ハリスンは多額の賠償金を支払っている。

以上Wikipediaより抜粋



オール・シングス・マスト・パス 〜ニュー・センチュリー・エディション〜
posted by かどやん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 1971年のヒット曲

2015年04月07日

ザ・ショッキング・ブルー(悲しき恋心)

悲しき恋心

1971年のヒット曲 

オランダで2位を獲得 日本でもヒットしたようです。



Third Album
posted by かどやん at 12:42| Comment(2) | 1971年のヒット曲

2015年04月08日

T・レックス(ジープスター)

ジープスター


1971年アルバム『電気の武者』に収録されている大ヒット曲

全英2位獲得曲



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

Electric Warrior

posted by かどやん at 12:02| Comment(0) | 1971年のヒット曲