TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年02月28日

オージェイズ(裏切り者のテーマ)

オージェイズ


70年代ソウルの人気グループ


裏切り者のテーマ


1972年R&Bチャートで第1位獲得

70年代前半のディスコ曲としては有名な曲

最初のイントロが実に良い曲ですね



1970年代洋楽ランキング

Back Stabbers

posted by かどやん at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年前半のディスコ曲

2008年04月01日

エドウィン・スター(黒い戦争)

エドウィン・スター


アメリカのソウルミュージックシンガー。

2003年4月2日に心臓発作で死去、イギリスのノッティンガムの自宅で息をひきとった。享年61歳。


黒い戦争


1970年に大ヒットし、反戦歌として知られている。

エドウィン・スターは、この曲でグラミー賞のR&B部門の最優秀男性歌唱賞を受賞している。

以上Wikipediaより抜粋

70年代前半のソウルの代表曲

映画「ラッシュ・アワー」の挿入歌である。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

ウォー・アンド・ピース

posted by かどやん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年前半のディスコ曲

2008年10月16日

レア・アース(ゲット・レディ)

レア・アース


白人のロックバンドであるが、モータウンと契約し成功した。


ゲット・レディ


1970年アルバム「ゲット・レディ」のタイトル&シングル曲

70年代前半から中半ごろのディスコで大人気になった曲

振り付きで踊った曲として有名です。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

ゲット・レディ

posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年前半のディスコ曲

2010年02月15日

つのだ☆ひろ(メリー・ジェーン)

つのだ☆ひろ


福島県生まれの歌手、ドラマー、作曲家。

中学時代からドラムを始め、高校在学中にプロデビューを果たす。

卓越したテクニックと日本人離れしたパワフルなドラミングが評判を呼び、1960年代後半の佐藤允彦との活動を皮切りに、渡辺貞夫カルテット、ジャックス、岡林信康、成毛滋、五つの赤い風船、赤い鳥、サディスティック・ミカ・バンド、浅川マキ、加藤登紀子、中島みゆき、矢野顕子など日本を代表するさまざまなミュージシャンたちと競演し、ドラマーとしての地位を獲得する。

また、1971年には歌手として「メリー・ジェーン」をロングヒットさせ、そのソウルフルな歌声から一躍、脚光を浴びる


メリー・ジェーン


元々は1971年6月につのだの所属したバンド、ストロベリー・パスのアルバム『大鳥が地球にやってきた日』に収録され(タイトルは『Mary Jane On My Mind』)、シングルとしても発売。

1972年7月に同じ音源(数小節、間奏の編集がある)がつのだ名義でシングルで再発された。

『メリー・ジェーン』は爆発的に売れたことはない(発売半年間の売り上げ枚数は約6000枚)が、発売から7年で50万枚を売り上げ日本フォノグラム (現:ユニバーサルミュージック) 主催「ゴールデン・ミューズ賞」を受賞した。

一説には累計売上は200万枚以上とも言われるが、レコード会社の改組や移籍後の再録音盤等があったため所属のレコード会社でさえ把握できておらず正確には不明である

Wikipedia

この曲は70年代ディスコのチークタイム曲として有名である。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


posted by かどやん at 23:32| Comment(0) | 1970年前半のディスコ曲

2016年07月31日

ジェームス・ブラウン(メイク・イット・ファンキー)

メイク・イット・ファンキー


Make It Funkyは、1971年のヒット曲、R&Bチャートで1位を獲得

アルバム「Make It Funky」に収録されているタイトル曲



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Make It Funky: Big Payback 1971-1975

一家は貧しく、ジョージア州オーガスタに移り住んだが、ブラウンは親類の家などで育てられた。

幼少時は、綿花詰みの手伝いや下町での靴磨きを行って生計を助けた。

子供時代から地元の「アマチュア・ナイト」で歌っては優勝をさらうほどの歌唱力を持っていた、とブラウンは回想している。

成長するにつれ、彼は犯罪に手を染め、16歳の時に車の強盗の罪で有罪判決を下され、1948年からトコアの教護院に収容される。

教護院での服役中に、ブラウンはボビー・バードと知り合う。バードの家族は、ブラウンの釈放後の生活を助けた。

ブラウンは、オーガスタまたはリッチモンド郡に戻らず、職を得るという条件で出所し、ボクサー、野球のピッチャーを短期間経験したが、脚の怪我で断念することとなる。ブラウンは、音楽へその情熱を傾けることとなった。

wikipedia

ジェームス・ブラウンはすでに亡くなっています。ジェームス・ブラウンの一生を簡潔にアニメにまとめた動画がありました。曲は(It's a Man's Man's Man's World)この曲すごく良い曲です。この動画にぴったりマッチしています。ぜひ観て聴いてください。



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 13:28| Comment(0) | 1970年前半のディスコ曲