TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年10月09日

キム・ワイルド(キープ・ミー・ハンギン・オン)

キム・ワイルド


イギリス、ロンドン出身の歌手である。

父親は歌手のマーティー・ワイルド。

弟のリッキーも歌手としてキムより早くデビューしている

1980年にデビュー。

ファーストシングルのKids In Americaが全英で2位、全米25位のヒット。

1983年には土屋昌巳のプロデュースによるBitter is Betterで日本のCMにも登場した。


キープ・ミー・ハンギン・オン


1986年にシュープリームスのカヴァー キープ・ミー・ハンギン・オンをリリースすると瞬く間にラジオ局で火が付き、2度目の全英2位をもたらす。

またアメリカでは更に人気が出て見事全米1位を獲得。

Wikipedia

ディスコ曲のようです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いしま

Another Step
posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1986年のディスコ曲

2008年10月29日

バナナラマ (ビーナス)

バナナラマ


イギリスの女性3人(カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シヴォーン・ファーイ)で1981年に結成されたポップグループである。

デビューのきっかけは、セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズとポール・クックが使っていたリハーサル・スタジオの上の部屋に彼女達が住んでいたことによる。


ビーナス


1986年のヒット曲

ショッキング・ブルーのカヴァー曲である。

以上Wikipediaより抜粋



Venus


ショッキング・ブルーの「ビーナス」はこちら

posted by かどやん at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1986年のディスコ曲

2008年10月30日

マイケル・フォーチュナティ(ギブ・ミー・アップ)

マイケル・フォーチュナティ


Michael Fortunatiは、イタリア、ヴェラ・カステリ出身の1980年代ユーロビートを代表するポップ・シンガーである。

1986年にベルギーで「ギブ・ミー・アップ」でデビューし、フランス、ベルギーでNo1獲得。

1987年には東京音楽祭で来日し、ディスコ&ダンス部門でグランプリを獲得


ギブ・ミー・アップ


1986年に発売されたマイケル・フォーチュナティ(Michael Fortunati)のデビューシングルである。

日本ではオリコン洋楽シングルチャートで1987年3月16日付から4週連続1位を獲得した。

1987年にBaBeがカヴァーしている。

Wikipedia





にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします

GIVE ME UP-COMPLETE BEST OF MICHAEL FORTUNATI-



posted by かどやん at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 1986年のディスコ曲

2008年11月08日

ジェッツ (クラッシュ・オン・ユー)

ジェッツ


80sに一世風靡した(というほどでもないか)ティーン・ポップ・グループ、ザ・ジェッツ。
詳しくはジェッツ - goo 音楽
をご覧ください。


クラッシュ・オン・ユー


1986年のヒット曲



20th Century Masters: Millennium Collection
posted by かどやん at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 1986年のディスコ曲

2016年02月19日

ステーシーQ(トゥー・オブ・ハーツ)

ステーシーQ


1959年カリフォルニア生まれ

1986年アルバム『ベター・ザン・ヘヴン』でソロ・デビュー


トゥー・オブ・ハーツ


1986年全米3位の大ヒット曲 ディスコで人気の曲




Queen of the 80's

posted by かどやん at 16:15| Comment(0) | 1986年のディスコ曲