2016年06月08日

グレン・キャンベル(サザン・ナイツ)

サザン・ナイツ


アラン・トゥーサンが作詞・作曲し1975年に発表した楽曲。2年後、グレン・キャンベルがカントリー・ポップスタイルにアレンジして大ヒットした。

ビルボード・Hot 100で1位を獲得する(1週のみ)。

また、ビルボードのカントリー・チャート、アダルト・コンテンポラリー・チャートでもそれぞれ1位を獲得した。

キャンベルのシングルはゴールドディスクに輝いた。1977年のカントリーミュージック協会賞にノミネートもされている。

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ

アラン・トゥーサンの(サザン・ナイツ)


posted by かどやん at 13:11| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2016年06月15日

ランディ・ニューマン(ショート・ピープル)

ランディ・ニューマン


アメリカのシンガーソングライターである。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校で音楽を専攻していた頃にソングライターとして活動を始め、ジーン・ピットニー、アーマ・トーマスらに曲を提供し、数々のヒット曲を生んだ。

友人のレニー・ワロンカーがワーナー・ブラザーズ・レコード傘下のリプリーズ・レコードに移ると、ランディも活動の場をリプリーズ・レコードに移し、ハーパース・ビザール、ヴァン・ダイク・パークスといった面々のアルバムに曲を提供した。

デビュー・アルバム『ランディ・ニューマン』発表。しかし、このアルバムは彼独特の難解な歌詞が災いしたため、売れ行きは芳しくなく、一部の音楽評論家にしか評価されなかった。

ランディの評価を決定づけるものとなった曲は、「ママ・トールド・ミー・ノット・トゥ・カム」(1970年)で、スリー・ドッグ・ナイトがカバーして全米第1位となった。


ショート・ピープル


1977年9月23日発売のアルバム『小さな犯罪者(Little Criminals)』に収録され、同年11月にシングルカットされた。

1978年1月28日付のビルボード・Hot 100において第2位を記録。1位こそ獲得できなかったものの、翌週と翌々週も2位をキープした。またゴールドディスクに輝いた。

ニューマンはメッセージを誤って解釈した人々から様々な脅迫を受けることとなった。そのため「ショート・ピープル」ならびにこの作品がもたらした成功をうとましく思うようになったという。

「身長の低い人たちは元から生きる理由なんかない」「手も小さい、目も小さい、鼻も小さい、歯なんか豆粒のようだ」という歌詞のあと、ブリッジで「身長の低い人たちはちょうど君たちや僕と同じだね/死ぬ日まで僕らはみんな兄弟」と歌われる。

wikipediaより抜粋



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


Little Criminals

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ


posted by かどやん at 14:37| Comment(0) | 1977年のヒット曲