2016年04月27日

クリスタル・ゲイル(瞳のささやき)

クリスタル・ゲイル


アメリカのカントリー歌手。

ケンタッキー州ジョンソン郡ペインツヴィル出身。本名ブレンダ・ゲイル・ウェブ。実の姉は歌手のロレッタ・リン。ブレンダが幼い頃、家族でインディアナ州に移る。

ロレッタのツアーへの参加を経て、デッカ・レコードとの契約を得る。

同じく同社と契約していたブレンダ・リーとの混同を防ぐため、芸名をクリスタル・ゲイルとして、1970年にシングル「アイヴ・クライド」(原題:I've Cried (The Blues Right Out of My Eyes))でデビュー。


瞳のささやき


1977年、シングル「瞳のささやき」(原題:Don't It Make My Brown Eyes Blue)がカントリー・チャート1位、ポップ・チャート2位の大ヒットとなり、グラミー賞のベスト・カントリー・ソング部門とベスト・カントリー・ボーカル・パフォーマンス(女性)部門を受賞した。

同曲を収録したアルバム『水晶の恋人』もカントリー・チャート2位、ポップ・チャート12位を記録

wikipedia




We Must Believe In Magic



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
posted by かどやん at 13:31| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2016年05月14日

チープ・トリック(甘い罠)

チープ・トリック


1974年にシカゴ郊外にあるロックフォード市で結成、1977年にデビューしたアメリカのロックバンド。

ライヴ・アルバム『チープ・トリックat武道館』がヒット作となり、日本武道館の名を世界中に知らしめたバンドとして有名である。

1977年、デビュー・アルバム『チープ・トリック』発表。しかし、本国アメリカでは成功せず、その後2枚のアルバムもヒットしなかったが、日本では人気が高まっていき、1978年4月には、初の日本公演を行う。

その時の模様を収録したライヴ・アルバム『チープ・トリックat武道館』(1978年)は、当初は日本限定企画だったが、本国アメリカで日本からの輸入盤が売れ出したため、1979年に本国でもリリースされ、バンドにとって初の全米トップ10入り(最高4位)を果たした。


甘い罠


1977年に発表されたバンドの2枚目のアルバム『蒼ざめたハイウェイ (In Color)』に収録され、このアルバムから最初にリリースされたシングルとなったが、全米チャートには登場しなかった。しかし、日本ではヒットし、チャートの首位に立った。

wikipedia



1970年代洋楽ブログランキング


蒼ざめたハイウェイ(紙ジャケット仕様)【2012年1月23日・再プレス盤】

音楽ブログランキング


posted by かどやん at 16:59| Comment(0) | 1977年のヒット曲