TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年07月05日

エリック・クラプトン (ワンダフル・トゥナイト)

ワンダフル・トゥナイト


1977年アルバム「スローハンド」からのシングル曲

アルバムは、全米アルバム・チャートNo.2を獲得
クラプトンの代表作に数えられる

最初のギター演奏が実にいいですね



スローハンド35thアニヴァーサリー<デラックス・エディション>




posted by かどやん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1977年のヒット曲

2008年09月07日

フリートウッド・マック(ドリームス)

フリートウッド・マック


イギリス、アメリカのバンド

2008年で結成40周年を迎える。

ブルースロックのバンドだった1960年代から1970年代初頭までと、ポップバンドとして大成功を収めた1970年代半ば以降で音楽性が大きく異なる。

初期のバンド名はピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック(Peter Green's Fleetwood Mac)。

グリーンのギブソン・ギターのレス・ポールをフィーチャーし、当時イギリスで勃興していたブルースロックのブームに乗って活動を開始した。

グループ最初のLPアルバム『フリートウッド・マック』は1968年の2月にリリースして注目を浴びることとなる。

さらに同1968年にシングル曲として録音した「ブラック・マジック・ウーマン」(後にサンタナにカバーされて大ヒットしている)を世に送り出し、8月にはLPアルバムとして2作目(USではファーストアルバム)の『ミスター・ワンダフル』をリリースしている。

1977年には、最大のヒット作となるアルバム「噂」を発表。

シングルカットされた「ドント・ストップ」「ドリームス」「オウン・ウェイ」などの大ヒットとともに、アルバムは31週間に渡って全米1位に輝き、1700万枚といわれる史上空前のセールスを記録する。

フリートウッド・マックは一躍スーパースターの座に上り詰めた。


ドリームス


1977年アルバム「噂」からのシングル曲

全米No.1獲得曲

フリートウッド・マックの最も有名な曲であり続けている。

歌詞中において、恋愛が終わったことによる寂しさで狂いかけている男性に女性が警告している

アルバムは1978年、グラミー賞の最優秀アルバム賞を獲得した。

2007年時点で累計3,000万枚以上の売上を記録している。

Wikipedia



噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)

posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1977年のヒット曲

2015年02月14日

フリートウッド・マック(ドント・ストップ )

ドント・ストップ


1977年のヒットアルバム『噂』よりシングルカットされた。

フリートウッド・マックの曲の中でも今なお人気を誇る楽曲であり、ビルボードのシングルチャートでは第3位を獲得している。



噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)

posted by かどやん at 13:29| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2016年04月05日

カンサス(すべては風の中に)

カンサス


アメリカの代表的なプログレッシブ・ロック・バンド。地名との差別化のため、カンザスではなくカンサスと呼ぶのが日本では一般的である。

日本ではあまり知名度はないが、イギリス主体のプログレッシヴ・ロックをアメリカ的解釈でアーシーかつポップに消化したサウンドで、本国やヨーロッパなどでは高い評価を得ている。

アメリカのプログレ、ことにプログレッシヴ・ハードロックに分類されるバンドとしてはパイオニア的な存在である。


すべては風の中に


1977年アルバム『暗黒への曳航』からのシングル大ヒット曲

全米NO.6獲得曲

以上wikipediaより抜粋




暗黒への曳航


posted by かどやん at 15:52| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2016年04月27日

クリスタル・ゲイル(瞳のささやき)

クリスタル・ゲイル


アメリカのカントリー歌手。

ケンタッキー州ジョンソン郡ペインツヴィル出身。本名ブレンダ・ゲイル・ウェブ。実の姉は歌手のロレッタ・リン。ブレンダが幼い頃、家族でインディアナ州に移る。

ロレッタのツアーへの参加を経て、デッカ・レコードとの契約を得る。

同じく同社と契約していたブレンダ・リーとの混同を防ぐため、芸名をクリスタル・ゲイルとして、1970年にシングル「アイヴ・クライド」(原題:I've Cried (The Blues Right Out of My Eyes))でデビュー。


瞳のささやき


1977年、シングル「瞳のささやき」(原題:Don't It Make My Brown Eyes Blue)がカントリー・チャート1位、ポップ・チャート2位の大ヒットとなり、グラミー賞のベスト・カントリー・ソング部門とベスト・カントリー・ボーカル・パフォーマンス(女性)部門を受賞した。

同曲を収録したアルバム『水晶の恋人』もカントリー・チャート2位、ポップ・チャート12位を記録

以上wikipediaより抜粋




We Must Believe In Magic



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
posted by かどやん at 13:31| Comment(0) | 1977年のヒット曲