TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2007年11月01日

マイケル・ジャクソン (ビリー・ジーン) )

マイケル・ジャクソン


ギネス・ワールド・レコーズでは史上最も成功したエンターテイナーとして認定されている。

世界総売上げは7億5000万枚(2006年10月末現在)以上。

エルヴィス・プレスリーやザ・ビートルズと同様に、音楽界における歴史上の天才の一人。

ギネス記録は「全米シングルチャートで首位を獲得した最年少ボーカリスト(ジャクソン・ファイヴ当時11歳)」、

「全米シングルチャートで初登場1位を記録した最初のボーカリスト(You Are Not Alone)」、

「年間売上げ高が1億ドルを超えた最初のエンターテイナー(1989年、Forbes誌)」、

「史上最高額の所得を得たエンターテイナー(89年に1億2500万ドル)」などの記録を保有。

アルバム"Thriller"に関する記録は「1億400万枚の世界最高枚数の売り上げ」

「全米アルバムチャートでの最長期間首位(37週・サウンドトラック盤を除く)」、

「最も成功した音楽ビデオ(100万本以上の売上げ)」などのギネス記録を保有している。

マイケル・ジャクソンのすごさは知っていたけど
改めて上記Wikipediaを読んだら
こんなにすごかったんだと感心しました。


ビリー・ジーン


アルバム「スリラー」の中の一曲
「スリラー」は全米チャートで37週にわたり1位を記録。

「スリラー」の中でもっともヒットした三曲
「ビリー・ジーン」「今夜はビート・イット」「スリラー」

「スリラー」はアルバムの売り上げの世界記録を更新した。

1983年1月発表の「ビリー・ジーン」はマイケル作詞作曲の曲で、曲とビデオの両面でゴシップ記事に苦しめられる自身の姿を投影したものと言われている。

だが、その後この傾向がますます強まったのは誰もが認めるところであり、結果的にこの曲は彼の人生を強く言い表した曲になっている。



posted by かどやん at 15:34| Comment(0) | TrackBack(1) | マイケル・ジャクソン

2007年12月14日

ウィ・アー・ザ・ワールド

ウィ・アー・ザ・ワールド


イギリスで活躍するミュージシャン、ボブ・ゲルドフが
提唱したバンド・エイドの成功に触発されて

アフリカの貧困層を解消する目的で作られたキャンペーンソングで、
作曲作詞はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。

1985年当時、アメリカ国内だけでシングル400万枚、アルバム300万枚を売り上げた。

最終的にはアメリカだけで750万枚のシングルが売れ、
シングルとアルバム、ビデオの合計で6300万ドルの収入となり、すべての印税はチャリティとして寄付された

著名なアーティストがUSAフォー・アフリカとして集結して完成させた。

Wikipediaより抜粋




Various Artists - We Are The World 25 for Haiti(ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ)



posted by かどやん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル・ジャクソン

2008年02月04日

マイケル・ジャクソン (スリラー)

2日の土曜日の深夜番組のSmaSTATIONで

香取慎吾・小林克也・石井竜也による

『ベストヒットスマステーション!80年代洋楽ベスト30!』の特集がありました。

やはり堂々の第一位はマイケル・ジャクソンのスリラーでした。

一位になった以上は、ここに掲載しないわけにはいきませんので、本日掲載します。






posted by かどやん at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル・ジャクソン

2008年02月22日

マイケル・ジャクソン (ベンのテーマ)

ベンのテーマ


1972年映画「ベン」のテーマ曲

映画「ベン」は、サスペンス及び動物を扱ったパニック映画です。

『ウイラード』の続編にあたる作品だが、内容が大幅に変更され、少年とネズミの友情をテーマにした構成になっている。

詳しいあらすじはベン(1972) - goo 映画
を見てください。

ベンのテーマは1972年ビルボードで第1位獲得曲

マイケル・ジャクソンがまだ14歳のときの曲です。

この曲はあいくるしいという表現がぴったりの、なんとも物悲しい曲です。




posted by かどやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル・ジャクソン

2008年02月23日

マイケル・ジャクソン (今夜はドントストップ)

今夜はドントストップ


1979年クインシー・ジョーンズ をプロデューサーに迎えアルバム「オフ・ザ・ウォール」を製作。

先行シングルとして発表された 「今夜はドントストップ」 は、初めてマイケル自身が作詞作曲を手がけたナンバーである。

当時は黒人ということでさほど放映されなかったが、タキシードを着たマイケルが3人に分裂する映像は話題を呼び、全米チャートを制覇した。

以上Wikipediaより抜粋しました。





posted by かどやん at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マイケル・ジャクソン