2016年09月09日

ライオネル・リッチー(ユー・アー)

ユー・アー


ライオネル・リッチーが1982年に発表した、ソロ名義では初のスタジオ・アルバム『ライオネル・リッチー』からのシングル大ヒット曲

全米4位獲得

アルバムは、アメリカではBillboard 200で3位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートで1位を記録し、リリースから2年後の1984年10月にはRIAAによって4×プラチナの認定を受けている。

ニュージーランドでは1982年12月12日付のアルバム・チャートで初登場21位となり、翌年の5月には2週連続で3位を記録して、合計45週トップ50入りする大ヒットとなった。

日本初回盤LPはオリコンLPチャートで最高8位を記録し、10万枚以上を売り上げた。

全英アルバムチャートでは最高9位を記録し、合計86週トップ100入りするロング・ヒットとなった。

wikipedia

このアルバムは、もすごく評価が高いです。良い曲が多く収録されています。この曲も、テンポのよい明るい良い曲ですが、私のお勧めはバラード曲の(トゥルーリー)です。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Lionel Richie

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 13:42| Comment(0) | ライオネル・リッチー

2018年01月27日

ライオネル・リッチー(マイ・ラヴ)

マイ・ラヴ


My Loveは、1982年に発表したライオネル・リッチーのソロ名義では初のスタジオ・アルバム『ライオネル・リッチー』(Lionel Richie)に収録されているシングル大ヒット曲

全米5位獲得曲

リッチーはコモドアーズ在籍時にダイアナ・ロスとのデュエット・シングル「エンドレス・ラブ」を大ヒットさせ、それをきっかけにコモドアーズを脱退してソロ活動に転じた。

『ライオネル・リッチー』のレコーディングには、当時まだ無名だったリチャード・マークスが起用され、マークスはこの仕事を機にロサンゼルスへ移住した。

リッチーは本作に先駆けてケニー・ロジャースのアルバム『Share Your Love』(1981年)をプロデュースしており、その縁でロジャースが本作の「マイ・ラヴ」にゲスト参加している。

アルバムは、Billboard 200で3位、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートで1位を記録し、リリースから2年後の1984年10月にはRIAAによって4×プラチナの認定を受けている。

wikipedia

このアルバムには、グラミーを受賞した「トゥルーリー」全米1位「ユー・アー」全米4位が収録されています。

ケニー・ロジャースとのデュエット動画ありました。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします







にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング
posted by かどやん at 14:48| Comment(0) | ライオネル・リッチー