2007年09月29日

スティーヴィー・ワンダー(心の愛[アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイ・ラヴ・ユー]) )

スティーヴィー・ワンダー


アメリカのミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。

歌のほか、様々な楽器を演奏するマルチ・インストゥルメンタリストであり、11歳の時にモータウンのTamlaレーベルと契約して以来、現在までモータウン一筋に活動する。

30曲以上のU.S.トップ10ヒットを放ち、計22部門でグラミー賞を受賞、最も受賞回数の多い男性ソロ・シンガーである。

1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。

自身の新たな音楽を模索していたある時、ロバート・マーゴレフとマルコム・セシルの2人のエンジニアによるユニット「トントズ・エクスパンディング・ヘッド・バンド」のアルバム『ゼロ・タイム』に使われていた、当時開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーに感銘を受ける。

以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、殆どの楽器を自分で演奏してアルバムを作るスタイルを確立してゆく。

多作家として知られるが、作品の質に厳しいことでも有名で、今までお蔵入りした曲は数千曲にのぼるという。

アルバム制作の際は、収録予定の曲数のほぼ10倍を作曲すると言われており、1976年発表の『キー・オブ・ライフ』の収録曲は、1974年から1976年までに作曲された約1,000曲の中から選ばれた。


アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイ・ラヴ・ユー


1984年の映画「ウーマン・イン・レッド」のサウンドトラックに用いられた。米英で大ヒットするとともに
アカデミー歌曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞した。

Wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ


posted by かどやん at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー(迷信)

本日はスティーヴィー・ワンダーの曲をもう一つ
やはりスティーヴィー・ワンダーといえば
迷信が代表曲でしょう。
この曲は、1972年発売で
日本で大ヒットしました。
私がスティーヴィー・ワンダーを知ったのも
この迷信を初めて聴いたときです。
それからはスティーヴィー・ワンダーの大ファンになりました。
迷信(スーパースティション)




posted by かどやん at 00:45| Comment(4) | TrackBack(0) | スティーヴィー・ワンダー