TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2007年10月15日

エリック・クラプトン (いとしのレイラ )

エリック・クラプトン


イングランドのサリー州リプリー出身のギタリストで
ブルース&ロックミュージシャンである。

ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと共に、
3大ギタリストと呼ばれていた。
今もロックやブルースのギタリストの多くに影響を与え続けてい
る。

2004年11月3日、イギリス政府より、ナイトの爵位に次ぐとされる、「大英帝国第三級勲位」(CBE)が授与された。


いとしのレイラ


エリック・クラプトンが「クリーム」解散後の1970年、
デレク・アンド・ザ・ドミノスで出したアルバム
『いとしのレイラ』のタイトル曲でありロック史に残る名曲。

この曲は大親友であったビートルズのジョージ・ハリスンの
妻パティに恋をしてしまい、その私的感情から生まれた曲。
歌詞の内容も当時のクラプトンの悩み苦しんでいる気持ちが前面に押し出されている。

以上Wikipediaより抜粋



BEST OF (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 200円クーポン)



posted by かどやん at 11:31| Comment(4) | TrackBack(2) | 1970年のヒット曲

2007年11月08日

ザ・ショッキング・ブルー(ヴィーナス)

ザ・ショッキング・ブルー


オランダ出身のロックバンド、サイケデリック・バンドである。

ロビー・ファン・レーベン(Robbie van Leeuwen)がオランダで結成。ボーカルのマリスカ・ヴェレスは、途中参加である。

マリスカはハンガリーとドイツのハーフで、父親がジプシー・オーケストラのバイオリン奏者であったことから、父とともに幼少の頃から歌を歌ってきており、また、ショッキング・ブルーに加入する前にも、いくつかのバンドでボーカルを担当している。


ヴィーナス


ビルボード(Billboard)誌の「Hot 100」では、1970年2月7日に、週間ランキング第1位を獲得した。

ビルボード誌の集計では、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。

フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ベルギーで、週間チャート1位を獲得した。

オランダでの週間チャート最高位は、第3位だった。

日本のオリコンでは最高2位(洋楽チャートでは1970年3月9日付から12週連続1位(1970年度の年間1位も獲得)

Wikipedia



At Home

posted by かどやん at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年のヒット曲

2008年02月17日

ショッキング・ブルー (悲しき鉄道員)

悲しき鉄道員


1970年ビルボード102位、オリコン2位になった曲

アメリカやイギリスではこの曲は売れなかった

日本のみで売れ最高二位にまでいった。



Singles A's & B's
posted by かどやん at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年のヒット曲

2008年05月12日

シルヴィ・ヴァルタン (あなたのとりこ)

シルヴィ・ヴァルタン


ブルガリア西部の村、イスクレッツ生まれ、父はフランス人、母はハンガリー人。

10歳のときに一家でフランス・パリに移住。1961年17歳のとき、シャンソンのデュエット曲で歌手デビュー


あなたのとりこ


1970年のヒット曲、日本でも大ヒットした。

「あなたのとりこ」は、映画『ウォーターボーイズ』の挿入歌などで使われている

以上Wikipediaより抜粋



あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション



posted by かどやん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年のヒット曲

2008年06月17日

サイモン&ガーファンクル (明日に架ける橋)

サイモン&ガーファンクル


1960年代に活躍した、二人のユダヤ系アメリカ人ポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるポピュラー音楽ユニット。

1968年に映画『卒業』の音楽を担当したことで、日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めた。

1990年にロックの殿堂入りを果たしている。


明日に架ける橋


1970年発表のアルバム『明日に架ける橋』のタイトル&シングル曲

アルバムは、全世界で売上が1000万枚を超える大ヒットとなり、グラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞した。

しかし制作中に、ポールとアートの音楽に対する意見の違いが表面化し、このアルバムを最後に二人はソロ活動に入り、サイモン&ガーファンクルは解散した。

以上Wikipediaより抜粋

映画「卒業」は、本当に良い映画であった。サイモン&ガーファンクルの音楽と、主演のダスティン・ホフマンが最後に結婚式の途中で花嫁を奪い取るというシーンは、感激もので忘れることが出来ないシーンです。



サイモン&ガーファンクルのすべて

新品価格
¥2,031から
(2011/1/3 12:33時点)






posted by かどやん at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年のヒット曲