TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2008年10月22日

ピンク・フロイド(アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール)

ピンク・フロイド


イギリス出身のプログレッシブ・ロック・バンド。

実験的な音楽性やスペクタクル性に富んだライブ、現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的・哲学的な歌詞で人気を博した。

芸術面で高い評価を得ながらメガ・セールスを記録した稀有なバンドである。

クラシックやジャズの素養を持った技巧派の奏者が多いプログレッシブ・ロックの中にあって、ブルースを出発点とする(結成当初はブルース・バンドだった)彼らの演奏技術は細かい符割りや変拍子とは無縁であるが、その音楽は独自の浮遊感・陶酔感を湛えている。


アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール


1979年11月30日にイギリスで発表されたピンク・フロイドの2枚組コンセプト・アルバム「ザ・ウォール」に収録されている曲

アルバムからの先行シングルとして発売され、英米チャートで第1位を獲得した。

アルバムは全英3位・全米1位を記録。

閉塞的な学校教育への反発を歌ったメッセージ・ソングで、発売当時は物議を醸した。

"We don't need no education"(教育なんて必要ない)という一節は有名である。

特に、中学生(当時)のコーラスが大々的に取り上げられており、反社会的な歌を歌わせているとして非難の対象になった。

レコーディング参加の依頼を持ちかけられた音楽教師が「生徒に音楽産業の現場を見せる絶好の機会」と承諾したものの、実際にスタジオに行き、歌詞の内容を見て青ざめたというエピソードもある。

しかし、そうした話題性もあってか、ピンク・フロイド最大のヒットに繋がった。

以上Wikipediaより抜粋



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


ザ・ウォール


posted by かどやん at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1979年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21661770

この記事へのトラックバック