2008年10月09日

キム・ワイルド(キープ・ミー・ハンギン・オン)

キム・ワイルド


イギリス、ロンドン出身の歌手である。

父親は歌手のマーティー・ワイルド。

弟のリッキーも歌手としてキムより早くデビューしている

1980年にデビュー。

ファーストシングルのKids In Americaが全英で2位、全米25位のヒット。

1983年には土屋昌巳のプロデュースによるBitter is Betterで日本のCMにも登場した。


キープ・ミー・ハンギン・オン


1986年にシュープリームスのカヴァー キープ・ミー・ハンギン・オンをリリースすると瞬く間にラジオ局で火が付き、2度目の全英2位をもたらす。

またアメリカでは更に人気が出て見事全米1位を獲得。

Wikipedia

ディスコ曲のようです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いしま


posted by かどやん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1986年のディスコ曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20794018

この記事へのトラックバック