2008年09月30日

ディープ・パープル(ハイウェイ・スター)

ハイウェイ・スター


この曲も1972年アルバム「マシン・ヘッド」に収録されている

スモーク・オン・ザ・ウォーター同様ディープ・パープルの代表曲である。

この楽曲では、中盤部分に入るジョン・ロードのバッハのコード進行を引用したキーボードソロと後半のリッチー・ブラックモアの面目躍如たる速弾きギターソロが特に有名である。

最大の目玉となる超絶的な速弾きが後進ギタリストに与えた影響は計り知れない。

ヘヴィメタル分野での教則本では、この楽曲が掲載されることが非常に多い。

それでなくても速弾きのインパクトが絶大であったため、ギターを手にした者ならば、その多くがこの楽曲の速弾きをコピーしたとされる(特に日本ではパープルの人気が非常に高く、それが顕著であったといわれる)。

発表後三十年以上の時がすぎているものの、この楽曲がギタリストとしての登竜門的な存在であることに変わりはない。

Wikipedia




posted by かどやん at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ディープ・パープル
この記事へのコメント
おいらの高校時代に目覚まし時計代わりに
かけていたものだった。
朝飯抜きで2〜3回聞いてから登校!
Posted by ようさん at 2015年04月09日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20247147

この記事へのトラックバック