2019年08月29日

ティーナ・マリー(ウー・ラララ)

ティーナ・マリー(ウー・ラララ).jpg


ウー・ラララ


Ooh La Laは、1988年ティーナ・マリーのアルバム「ネイキッド・トゥ・ザ・ワールド」に収録されているヒット曲

全米R&Bチャート1位


ティーナ・マリーは、1976年に「白人」としては異例のモータウンと契約し、白い肌をした黒きソウルの女王だそうです。黒人に支持された白人ソウルシンガーですね

この曲は、バラードで良い曲ですが、ティーナ・マリーの最大のヒット曲は、ノリの良いディスコ曲の「ラバーガール」です。

リック・ジェームスが恋人だったとのことで、このアルバムにデュエット・ナンバー(ワンス・アンド・フューチャー・ドリーム)が収録されています。掲載しました。

この曲をサンプリングしたのが、フージーズの「Fu-Gee-La」です。掲載しました。






にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






ワンス・アンド・フューチャー・ドリーム


フージーズ「Fu-Gee-La」


にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ



posted by かどやん at 15:07| Comment(0) | 1988年のディスコ曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]