2019年07月31日

エルヴィス・コステロ(パンプ・イット・アップ)

エルヴィス・コステロ(パンプ・イット・アップ).jpg


エルヴィス・コステロ


Elvis Costelloは、イングランドのミュージシャン、作曲家、プロデューサー

1954年にイングランドのリヴァプールに生まれる。

芸名の「エルヴィス・コステロ」は、エルヴィス・プレスリーと、父方の祖母の旧姓コステロに由来する。

「コステロ」はイタリア系の響きに聞こえるが、一般にアイルランド系の名前として多い苗字である。

父親のロス・マクマナスはアイルランド系のジャズ・ミュージシャンで、ジョー・ロス&ヒズ・オーケストラでシンガー&トランペッターをつとめた。

コステロは父親がもらってくる大量の試聴用レコードに囲まれて育ち、その豊富な音楽的素養を培い、音楽への関心を深めていった。

幼少よりビートルズなどの影響を受け、働きながら「フリップ・シティ」というバンドで活動を始める。

デビュー前の1974年に最初の妻・メアリーと結婚、デビュー時には既に長男・マシューがいた。

1977年パブロックムーブメントの立役者ニック・ロウのプロデュースにより、シングル『レス・ザン・ゼロ(Less Than Zero)』でデビュー。


パンプ・イット・アップ


Pump It Upは、エルヴィス・コステロの1978年の楽曲

1978年3月17日に発売されたコステロの2枚目のアルバム『ディス・イヤーズ・モデル』に収録されたセカンドシングルヒット曲

バック・バンドとして結成された「ジ・アトラクションズ」と録音した初のアルバム。

Wikipedia

(パンプ・イット・アップ)とは、気合を入れろみたいな意味と言われていますが、この曲は少し卑猥な歌詞のようで、魔性の女に翻弄される性的欲求不満の詞とのことでした。

どのぐらいヒットしたのかわかりませんが、カバーの多さから言えば、イギリスでは大ヒットだったのかもしれません。アルバム「ディス・イヤーズ・モデル」は全英4位を獲得しています。

エルヴィス・コステロの日本で一番有名な曲は、シャルル・アズナヴールの(忘れじの面影)のカバーで「She」ではないでしょうか、1999年映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌として大ヒットしました。

「She」の動画も掲載しました。






にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




カオスUK


エクソダス


マッドハニー


トリクスター


バックチェリー


ステイタス・クォー



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ






posted by かどやん at 14:20| Comment(0) | 1978年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]