2018年12月17日

ハリー・ニルソン(ウィズアウト・ユー)

ハリー・ニルソン(ウィズアウト・ユー).jpg


ハリー・ニルソン


Harry Nilssonは、アメリカのシンガーソングライター。

1960年代後半から1970年代にかけて、「ニルソン」名義で数多くのヒット曲を残した。

ニューヨーク市ブルックリンでスウェーデン系の両親の間に生まれる。

音楽好きな母親と叔父の影響を受けるが、最初から音楽活動に入らず、銀行員となる。

学歴を詐称して解雇されかけたが、禊として必死に働き、コンピューター部門の主任にまでなったという。

1960年代初めから、勤務の間を縫って音楽活動を始める。

1964年にレコード・デビュー。

1966年頃までは主にソングライターとして活動し、「ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト」などを書いた。

リトル・リチャード、フィル・スペクターやモンキーズなどのミュージシャンやプロデューサーに次第に認められる。

甘く哀愁のこもった歌声で、「七色の声を持つヴォーカリスト」と評された。

ジョン・レノンに高く評価され、一時はポール・マッカートニーの代わりにビートルズに加入するなどの噂が流れたりした。

1968年のアルバム『空中バレー』でカバーした「うわさの男」が1969年の映画『真夜中のカーボーイ』の主題歌に使われヒット(全米6位)。

また同年、「ワン」がスリー・ドッグ・ナイトにカバーされてヒットした。


ウィズアウト・ユー


Without Youは、イギリスのロックグループであるバッドフィンガーのピート・ハムとトム・エヴァンズが制作した楽曲である。

ASCAPによると180以上のアーティストに録音され、Billboard Hot 100には1位をはじめ何回も登場した曲である。

バッドフィンガーの「ウィズアウト・ユー」を聴いたニルソンは当初、ビートルズの曲だと勘違いした。

勘違いに気付いた後、1971年に発表するアルバム『ニルソン・シュミルソン』へ収録するために、この曲をカバーした。

リカット・シングルは、イギリスでは全英シングルチャートで1位を記録し80万枚のヒット、全米シングルチャートに於いて4週連続1位となった。

後に、プロデューサーのリチャート・ペリーは「この曲は今までの曲とは全く違う、重いバックビートによるビッグ・バラードで、今までに多くのアーティストからリリースされたものとは違った」後にソロ・アーティストとして成功したゲイリー・ライトはピアノで録音に参加した。

wikipedia

この曲を今まで掲載してこなかったことに、自分でも驚いています。40年以上も前の古い曲ですが、その当時大ヒットしたのをよく覚えています。メロディーを聴いただけで口ずさむことができます。

ニルソンはカバーで、オリジナルはバッドフィンガーです。オリジナルとニルソンを聴き比べてみると、こんなに違うんだと感じます。歌手によって歌い方、声によって大ヒットするんだと思います。

本当に多くの歌手がカバーしていますが、もっとも有名なカバーはマライア・キャリーではないかと思います。マライアはレストランでニルソンのこの曲を聴いてカバーすることを決めたそうです。トップ40に21週間滞在し、最高3位を記録しました。

ハリー・ニルソン歌唱の良い動画がなかったのが残念です。

本当に名曲ですよ





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




バッドフィンガー



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ


マライア・キャリー



posted by かどやん at 16:52| Comment(0) | 1971年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]