2018年05月04日

ボーイ・ミーツ・ガール(スター・トゥ・フォール)

ボーイ・ミーツ・ガール


Boy Meets Girlは、1980年代後半にスマッシュヒットを出した、ジョージ・メリルとシャノン・ルビカムによるポップスデュオである。

ジョージとシャノンはボーイング家の結婚式で出会い、一緒にバンドを組んだりしていた。

その後1984年にはソングライターとしての活動を始める。

ジャネット・ジャクソンのために「恋は手さぐり」を書くが、ジャネットは気に入らなかった。

結局「恋は手さぐり」はホイットニー・ヒューストンが歌うこととなり、1986年2月16日付のビルボードHOT 100で1位を獲得した。

ヒューストンのコンサートに行った際に流れ星をみつけ、「スター・トゥ・フォール」を制作。


スター・トゥ・フォール


1988年セカンドアルバム「Reel Life(リール・ライフ)」に収録されている大ヒット曲

全米5位、アダルト・コンテンポラリーチャートでは1位、カナダでは1位、イギリスでもトップ5に入った。

wikipedia

明るく爽やかなメロディーと2人のヴォーカルの掛け合いで、AORフィーリング溢れる曲とのことです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


下記にも100曲掲載しています。

70年80年代ヒット曲動画パート2




posted by かどやん at 14:00| Comment(1) | 1988年のヒット曲
この記事へのコメント
お久しぶりです かどやんさん zebraです

この曲かぁ〜 かどやんさん 「スリーメン&リトルレディ」という3人の男たちの子育て奮闘の作品があったのですが そのエンディングで使われました。それでこの曲を知りました。

 ボクが社会人になって数年しか経過してない頃でしたから 90年代半ばです。当時はまだVHSテープがあった時代です。

 「ああ、いいなあ この曲が収められてるサントラCDほしいな〜」と思って 自宅近くのディスクステーションで 注文したところ 店員さんが
「ご注文されました このスリーメン&リトルレディのサントラCDですが レコード会社がは作っていないということで廃盤になっており お取り寄せできませんでした」と返事がきました。

でも アパートが取り壊されるので引っ越したのですが その引っ越した先の近くに 「古本がらんどう」(←今現在は潰れました)まし で入手することができました。

ちなみに、この「スリーメン〜」ではエンディング曲は「スタートゥーフォール」でしたが 

オープニングは
ドナデロリーの「オールウェイズ・シンキング・オブ・ユー」という曲が使用されております。 

o
Posted by zebra at 2018年05月20日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]