2017年05月28日

ヤズー(ドント・ゴー)

ヤズー


Yazooは、80年代に人気を博したイギリスのシンセポップデュオ。

ヤズーは、Vince Clarke(ヴィンス・クラーク)とAlison Moyet(アリソン・モイエ)の二人によって、1981年イギリスのエセックスで結成された。

ヴィンス・クラークは1960年7月3日生まれ、イギリスのロンドン出身。キーボード担当。

テクノ・サウンドを得意とした。以前はDepeche Mode(デペッシュ・モード)の結成メンバーであり、作詞・作曲を手がけていた。

アリソン・モイエは1961年6月18日生まれ、イギリスのエセックス出身。ヴォーカル担当。

ブルーアイド・ソウルの魅力的な歌声の持ち主だった。

イギリスではMute Records(ミュート・レコード)と契約、アメリカではYazの名前でSire Records(サイアー・レコード)と契約した。

2枚のスタジオアルバムを発表し1983年に二人は解散を発表した。


ドント・ゴー


Don't Goは、1982年ヤズーのセカンドシングル

全英チャート3位の大ヒット曲

ファーストアルバム「Upstairs at Eric'sアップステアーズ・アット・エリックス」に収録されている。

wikipedia

この曲は、アメリカのダンスチャートで1位になっていますので、その当時のディスコで大人気だったようです。

Yazooは、zをhにしたらヤフーですよね



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング




posted by かどやん at 17:05| Comment(0) | 1982年のディスコ曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]