TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年03月03日

ロス・ロボス(ラ・バンバ)

ロス・ロボス


Los Lobosは、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするバンド。

メンバーはメキシコ系アメリカ人で、ロックにメキシコ音楽の要素を取り混ぜたサウンドが特徴。

"ラ・バンバ"のヒットで知られる。

バンド名は、スペイン語で「狼たち」を意味する。

1974年、イーストロサンゼルスのガーフィールド高校出身の4名、デイヴィッド・イダルゴ 、セサル・ロサス 、ルイ・ペレス 、コンラッド・ロサーノ によって結成された。

1980年代に入ると、当時ブラスターズで活動していたスティーブ・バーリン を5人目のメンバーに迎える。

以後、今日に至るまでメンバー変更はなく、この5人で活動している。

1983年、ミニ・アルバム『アンド・ア・タイム・トゥ・ダンス』でメジャー・デビュー。

メキシコ音楽とロックンロールを混ぜ合わせた今日のサウンドの原点というべきサウンドを聴かせた。


ラ・バンバ


La Bambaはメキシコの民謡を元にした楽曲。

1950年代と1980年代に世界的にヒットした。

世界的に良く知られているヴァージョンのラ・バンバは、1958年にメキシコ系アメリカ人の歌手、リッチー・ヴァレンスによるものが元になっている。

1987年に、ヴァレンスの生涯を描いた映画『ラ★バンバ』が公開されたが、この映画の主題歌となったのがロス・ロボスが歌った「ラ・バンバ」であった。

ロス・ロボスの「ラ・バンバ」も、ヴァレンスのものと同じくロックンロール調の歌である。

ヴァレンス以降それまでも数多くの歌手がラ・バンバを歌っていたが、それほどのヒットにはなっていなかった。

ロス・ロボスは約30年ぶりにラ・バンバを大ヒットさせることとなった。

アメリカのビルボード誌の集計でシングル全米1位となったのを皮切りに、オーストラリア・フランス・アイルランド・イタリア・ニュージーランド・スイス・イギリスなどでもヒットチャートの1位を獲得するに至った。

1987年映画『ラ★バンバ』のサウンドトラックに収録されている。

wikipedia

この曲は有名で、年代問わず誰でもが知っている曲ではないでしょうか、4つの動画を掲載しました。

1987年映画『ラ★バンバ』は、(ラ・バンバ)を大ヒットさせたリッチー・ヴァレンスの生涯を描く物語です。リッチー・ヴァレンス役はルー・ダイアモンド・フィリップスです。

ロス・ロボスがカバーして、映画の主題歌になり、ルー・ダイアモンド・フィリップスが主演した。





にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


La Bamba

にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
音楽動画ランキング






posted by かどやん at 12:55| Comment(0) | 映画音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]