2016年11月23日

メヌード(ライク・ア・キャノンボール)

メヌード


MENUDOは、プエルトリコ出身の少年歌手グループ、ボーカルアイドルグループである。

1980年代に、中米南米およびアメリカで爆発的な人気を誇った。

16歳でグループを脱退しなければならず、このためメンバーチェンジを繰り返しながらグループは存続し、リッキー・マーティンも所属していた。

3回の来日を果たし、日本国内にも数多くのファンを残す。

また、日本の女性アイドルグループであるモーニング娘。がそのグループの概念を手本(参考)にしたといわれる。

1977年プエルトリコで、1stアルバム「LaFantasumas」で、デビューを果たした。

その噂は瞬く間にラテン系の人々に広まり、翌年1978年には、2ndアルバム「Laura」をリリースした。

1979年初のコンサートを行った。9月「La Gente Joven de Menudo」が放映され、この初のテレビ番組がきっかけとなり、プエルトリコだけではなく、ラテンアメリカ各国での人気に拍車をかけた。


ライク・ア・キャノンボール


1984年アルバム「Reaching Out」に収録されている大ヒット曲

このアルバムが「ハローメヌード」という邦題で、1984年12月に日本でもビクターレコードから発売され、これが日本でのデビューアルバムとなった。

映画『キャノンボール2』の主題歌

wikipedia

1985年に来日し、翌年も来日して、この2年間はメヌードの日本での人気もすごかったようです。そんな人気が見て取れる動画がありました。

今では考えられないような、ファンと抱き合ったり、キスしたりしている場面がありました。

リッキー・マーティンの曲で有名なのが『リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ』で郷ひろみが「GOLDFINGER '99」という曲名でカバーし大ヒットしました。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Reaching Out





にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング
posted by かどやん at 14:54| Comment(0) | 1984年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]