2016年09月22日

ティモシー・B・シュミット(ソー・マッチ・イン・ラヴ)

ティモシー・B・シュミット


ティモシー・ブルース・シュミットTimothy Bruce Schmitは、アメリカ合衆国のベーシスト、歌手。

1970年代にポコやイーグルスのメンバーとして活動したことで知られる。

オークランドで生まれ、その後サクラメントに移る。15歳の頃に地元で音楽活動を開始。

1970年、カントリー・ロック・バンド、ポコにランディ・マイズナーの後釜として加入。

ポコでの活動と並行して、スティーリー・ダンらとも共演した。

1978年、イーグルスに加入。この時も奇しくもランディ・マイズナーの後釜であった。

イーグルス解散後にソロ活動を開始。


ソー・マッチ・イン・ラヴ


1982年、映画『初体験/リッジモント・ハイ』にザ・タイムスのカヴァー「So Much In Love(なぎさの誓い)」を提供し、日本ではミニコンポのCMにも使用され人気となった。

最近では邦題も「ソー・マッチ・イン・ラヴ」と表記されている例が多い。

アート・ガーファンクル、日本では山下達郎らもカヴァーした。

1984年、初のソロ・アルバム『プレイン・イット・クール』に収録されている。

wikipedia

動画がなかったのが残念ですが、曲をお楽しみください。この曲はCMで使用されたので、聴けば、あっこの曲知っていると思う人も多いのではないでしょうか。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


プレイン・イット・クール



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング

アート・ガーファンクルの(ソー・マッチ・イン・ラヴ)

posted by かどやん at 12:31| Comment(0) | 1982年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]