2016年07月23日

マイケル・ジャクソン(ガット・トゥ・ビー・ゼア)

ガット・トゥ・ビー・ゼア


Got to Be Thereは、1971年マイケル・ジャクソン(Michael Joseph Jackson)のソロ・デビューシングル

1972年アルバム「ガット・トゥ・ビー・ゼア」のタイトル大ヒット曲

全米4位、全英5位獲得

マイケル・ジャクソンの初々しさの残る変声期前の伸びやかなテノールを聴くことが出来る。

モータウンの期待を一身に集めていたマイケル・ジャクソンはストリングスやコーラスを惜しみなく活用している。

wikipedia

あまりよい動画がありませんでした。下の動画は違う曲も入っていますので、スライドショーの動画も掲載しました。

子供のころのマイケル・ジャクソンの、この曲は良い曲ですね
子供のころの曲で、「ベンのテーマ」がありますが、こちらもすごく良い曲です。

(ガット・トゥ・ビー・ゼア)は、世界中の多くの歌手、ミュージシャンにカバーされています。有名どころでは、チャカ・カーン、ジョージ・ベンソン、ボーイズIIメンなどです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ガット・トゥ・ビー・ゼア



にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
カバー曲も良いなと思った人は左斜め上カッチとお願いします

チャカ・カーンの(ガット・トゥ・ビー・ゼア)


ジョージ・ベンソンの(ガット・トゥ・ビー・ゼア)


ボーイズIIメンの(ガット・トゥ・ビー・ゼア)

posted by かどやん at 13:19| Comment(0) | マイケル・ジャクソン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]