2016年07月20日

デヴィッド・ゲイツ(グッバイガール)

デヴィッド・ゲイツ


David Gatesは、アメリカ・オクラホマ州タルサ生まれ。1970年代に活躍したアメリカのソフト・ロックバンド、ブレッドのリーダー。

作詞・作曲、プロデュース、アレンジ、ベース、ギター、キーボード、ヴォーカル担当。

イツは父親がタルサのオーケストラの指揮者、母親も音楽教師という家庭環境で育ちハイスクールに上がる頃には既に多くの楽器をマスターしていた。

またその時代にはレオン・ラッセルとアクセンツというバンドを組んでおり、タルサに来たチャック・ベリーなどのプロ・ミュージシャンのバックバンドとして活動した事もあった。

シングル・レコード"Swingin' Baby Doll"で本格ソロ・デビュー。

全米3位になったマーメイズの"Popsicles And Icicles"はゲイツの作品。他にモンキーズ、アン・マーグレット、コニー・スティーブンスなど多くのポップ系アーティスト、シンガーに楽曲を提供している。


グッバイガール


The Goodbye Girlは、1977年のアメリカ映画「グッバイガール」の主題歌

1978年4月15日、ビルボードのシングル・チャート15位にランクされた。

wikipedia

この曲驚いたことに南沙織が英語でカバーし松田聖子が日本語の詞でカバーしています。南沙織の動画はありませんでしたが、松田聖子の動画はありました。デヴィッド・ゲイツも松田聖子も両方良いですね!



この曲良い曲だと思った人は押してくださいバッド(下向き矢印)
にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ



Goodbye Girl



松田聖子の(グッバイガール)


この曲も良い曲だと思った人はここをバッド(下向き矢印)お願いします
にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ

posted by かどやん at 12:23| Comment(0) | 映画音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]