2016年07月11日

B・J・トーマス(雨にぬれても)

B・J・トーマス


B. J. Thomasはアメリカオクラホマ州ヒューゴー出身のポピュラー歌手。

1960年代から1970年代にかけてチャート1位を獲得するヒットソングを発表したことで知られる。

B・J・トーマスはオクラホマ州ヒューゴ出身でテキサス州ヒューストン周辺で育ち、同州ローゼンバーグのラマー統合高等学校を卒業した。

ソロ活動を開始する以前、トーマスは十代で教会の聖歌隊に参加しており、その後音楽グループ「ザ・トライアンフス」(The Triumphs)に参加していた。

1966年、B・J・トーマスとトライアンフスはアルバム『I'm So Lonesome I Could Cry』(ペースメーカー・レコードレーベル)をリリースした。

このアルバムには、ハンク・ウィリアムズのヒット曲「泣きたいほどの淋しさだ」(I'm So Lonesome I Could Cry)のカバー版がフィーチャーされた。


雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' On My Head)


作詞ハル・デヴィッド作曲バート・バカラック

「ビルボード」誌では、1970年1月3日に週間ランキング第1位を獲得した。4週1位を獲得し、同誌1970年年間ランキングでは第4位となった。

ジョージ・ロイ・ヒル監督の西部劇映画『明日に向って撃て!』の挿入歌である。

映画では、ブッチ・キャシディ役のポール・ニューマンとエッタ・プレース役のキャサリン・ロスが自転車に乗ってデートをするシーンで使われた。

最初バカラックは、「雨にぬれても」をレイ・スティーヴンス(Ray Stevens)に歌ってもらう予定だった。しかし、スティーヴンスが断ったため、B.J.トーマスが歌うこととなった。

第42回アカデミー賞(1970年4月発表)において主題歌賞を獲得した。

wikipedia

この曲は誰でもが一度は聴いたことがあると思います。とっても癒される良い曲ですね名曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
ランキング参加中カチッとお願いします


明日に向かって撃て! ― オリジナル・サウンドトラック

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


Greatest Hits


posted by かどやん at 11:21| Comment(0) | 映画音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]