2016年07月08日

アーサー・キット(ホエア・イズ・マイ・マン)

アーサー・キット


Eartha Mae Keithは、アメリカの歌手、女優、キャバレー・スター。

その極めて個性的な歌い方や、1953年のヒット曲「C'est Si Bon」、また、息の長いクリスマスのノベルティ・ヒット「Santa Baby」などによって知られている。

オーソン・ウェルズは、キットのことを「世界一エキサイティングな女性」と呼んだ。

1960年代のテレビ・シリーズ『バットマン』の最後のシーズン(第3シーズン)で、キットは他の仕事との掛け持ちができなくなったジュリー・ニューマーに代わり、キャットウーマン役を引き継いだ。

ディズニーのアニメ映画『ラマになった王様』で、キットはイズマ (Yzma) の声を担当した。


ホエア・イズ・マイ・マン(Where Is My Man)


1984年、キットはディスコ曲「Where Is My Man」のヒットによって音楽チャートに返り咲き、初めてゴールド・ディスクの認定を受けた。

「Where Is My Man」は全英シングルチャートでもトップ40入りを果たし、最高36位まで上昇した 。

この曲は『ビルボード』誌のダンス・チャート (National Disco Action) でもトップ10入りし、最高7位まで上昇した[。

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
ランキング参加中カチッとお願いします


Best Of: Where Is My Man

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ


posted by かどやん at 14:32| Comment(0) | 1984年のディスコ曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]