2016年07月02日

オーリアンズ(ダンス・ウィズ・ミー)

オーリアンズ


Orleansは1972年にニューヨーク州ウッドストックで結成されたアメリカのポップ・ロック・バンド。

1972年2月、ギタリストで作曲家のジョン・ホール(John Hall、後にアメリカ合衆国下院議員)、ギタリストでシンガーのラリー・ホッペン、ドラマーのウェルズ・ケリーを中心に結成される。

同年11月、ラリーの弟ランス・ホッペン、ドラマーのジェリー・マロッタが加入。

アメリカ北東部のクラブ、大学を地道にサーキットして後々のコアなファンを開拓、下積み当時にはボニー・レイット、トム・ウェイツ、ホール&オーツなど前途有望なアーティストと出会って刺激を受ける。

1973年、ABCレコードのダンヒル・レーベルからセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしたが大した反響は得られず、続く2nd『オーリアンズU (Orleans U)』もアメリカ本国ではリリースされず、日本、ヨーロッパでのリリースに止まった。


ダンス・ウィズ・ミー(Dance With Me)


アサイラム・レコードに移籍し、チャック・プロトキンのプロデュースで制作した3rdアルバム『歌こそすべて (Let There Be Music)』(1975年)からシングル・カットした「ダンス・ウィズ・ミー」が同年秋にビルボードの6位まで上昇する大ヒットとなり、一躍注目を浴びる。

wikipedia

この曲は有名ですね



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
ランキング参加よろしくお願いします


歌こそすべて

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ



posted by かどやん at 14:47| Comment(0) | 1975年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]