2016年04月06日

スザンヌ・ヴェガ(ルカ)

スザンヌ・ヴェガ


カリフォルニア州サンタモニカ出身の女性シンガーソングライター。

生まれてまもなく母に連れられニューヨークへ移り、多くの社会的問題を抱えた地域で子供時代を送る。

本来の苗字はペック(Peck)だったが、母がプエルトリコ系の小説家エドガルド・ベガ・ユンケ(Edgardo Vega Yunqué)と再婚したため、以後その姓を名乗るようになる。

9歳の時に詩を書き始め、14歳の時に作詞を始める。

その後、ラガーディア高校で、モダンダンスを学び、この時に音楽こそが自分の求めるものだと気づく。

そこを1977年に卒業すると、コロンビア大学バーナードカレッジで英文学を学ぶ傍ら、グリニッチ・ヴィレッジの小さな劇場などに立つ。

1984年にレコード会社との契約を結ぶ。

1985年にデビューアルバム「Suzanne Vega」を発表し、その自己内省的社会批判を含んだ曲は、アメリカにおいて好意的な反響を得る。


ルカ


1987年アルバム「孤独(ひとり)」を発表、その中の「ルカ」という曲は、児童虐待を受ける子供の視点から書かれており、当時のヒットソングとしては、特異な位置を占める。

wikipedia

全米3位獲得曲




posted by かどやん at 14:00| Comment(0) | 1987年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]