2016年03月28日

レイフ・ギャレット(ダンスに夢中)

レイフ・ギャレット


アメリカの俳優、歌手。1970年代後半から1980年代初頭にかけて世界的にアイドルとして人気を博した。

幼い頃から妹のドーン・リンとともに子役として活動し始めた。

主人公の息子役で出演した『ウォーキング・トール』(1973年)で注目されるが、アイドルとなるきっかけは1975年のCBSのテレビドラマシリーズ「Three for the Road」で主人公の息子役を演じたことで、視聴率の低い番組ではあったものの、少女たちからギャレット宛にファンレターが殺到。

この人気に音楽業界が注目し、男性アイドル歌手として当時人気絶頂だったショーン・キャシディのプロデューサーだったマイケル・ロイドと契約し、アトランティック・レコードからレコード・デビューした。


ダンスに夢中


1978年11月発売の『ダンスに夢中』はBillboard Hot 100で10位、オーストラリアで2位、イギリスで4位、日本のオリコンでは総合チャートで最高位12位などを記録した。

日本ではギャレットが出演したナビスコ・アイダホポテトスティックのCMに使用されたことから大ヒットし、1979年のオリコン年間チャートで31位、35万7千枚の売り上げを記録した。

オリコン洋楽シングルチャートでは1979年4月2日付から通算14週1位を獲得し、1979年の年間チャート1位となった。

wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ


レイフ・ギャレット・コレクション


posted by かどやん at 12:32| Comment(0) | 1978年のディスコ曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]