2008年07月04日

ピーター・フランプトン(ショウ・ミー・ザ・ウェイ)

ピーター・フランプトン


ロンドン出身。1966年、アイドルバンドのザ・ハードに参加。

そのルックスから人気者となり、1968年には「1968年の顔」ともてはやされるようになる。

しかしアイドル扱いに嫌気がさしたフランプトンはハードを脱退、1969年に元スモール・フェイセズのスティーヴ・マリオットらとハンブル・パイを結成した。

二枚看板だったはずのハンブル・パイだったが、アルバム毎にソウルフルなマリオットの色が濃くなり、次第にフランプトンは居場所を失っていく。

1972年にハンブル・パイを円満に脱退し、ソロ活動を開始することとなる。

ギタリストとしてもジョージ・ハリスンやニルソンのアルバムに参加して腕を磨く。


ショウ・ミー・ザ・ウェイ


1974年から精力的に草の根全米ツアーを始め、地道にファンを増やしていく。

1976年、この努力が実を結び、先の全米ツアーを収録した2枚組のライブアルバム『フランプトン・カムズ・アライブ (Frampton Comes Alive!)』が全米1位、全世界で1000万枚を売り上げる驚異的な大ヒット作となる。

そのアルバムの中のシングル曲

Wikipedia




posted by かどやん at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 1976年のヒット曲
この記事へのコメント
砂田文部大臣が彼の大ファンで、昭和53年の来日コンサートでのリハサール中に大臣が激励に行ったニュースをNHKで見たことを思い出しました。
Posted by ようさん at 2015年04月09日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16598911

この記事へのトラックバック