2008年04月30日

リチャード・マークス(ドント・ミーン・ナッシング)

リチャード・マークス


Richard Marxは、アメリカのシンガーソングライター。

作曲家の父、ディック・マークスとその妻で歌手のルース・マークスの間に生まれる。

19歳の頃、マークスのデモ・テープを聴いたライオネル・リッチーに認められて、ロサンゼルスに移住しアルバム『ライオネル・リッチー』(1982年)のレコーディングに参加した。

その後、リッチーの紹介でケニー・ロジャースのバックアップ・シンガーとなり、さらにロジャースと共作も始め、2人が共作した「クレイジー」は、1984年にロジャースの歌唱で『ビルボード』カントリー・シングル・チャート1位を獲得した。

1987年、アルバム『Richard Marx/リチャード・マークス』でデビュー。


ドント・ミーン・ナッシング


セルフ・タイトル・アルバム「Richard Marx/リチャード・マークス」からのファーストシングル曲

全米チャートの3位に入る大ヒット

Wikipedia



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ


posted by かどやん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リチャード・マークス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14565668

この記事へのトラックバック