2015年04月18日

チェイス(黒い炎)

チェイス


Chaseはアメリカのブラス・ロックのバンド。

ビル・チェイス(Bill Chase)を中心に1970年に結成。

ビルはウディ・ハーマンなどのビッグバンドのトランペット奏者として活動していた経歴を持つ。

1971年にデビューし、デビュー曲の「黒い炎(Get It On)」の大ヒットにより、シカゴ、ブラッド・スウェット&ティアーズに続くブラス・ロックの旗手として名を上げた。

ジャズ色が強いのが特徴。

特異なのはブラス・セクションがトランペットのみの4人編成という点。

このためブラスの音は従来のバンドよりも鋭く、また相当な技術を要するトランペットの高音での演奏がその鋭さに磨きをかけた。

ファーストアルバム「CHASE」が、1971年に全米アルバム・チャート22位まで上昇し、26週間チャート・インするという成功を収めた。

だが、セカンドアルバム「ENNEA」の収録中、家族との時間を大切にしたいなどの理由でメンバーが次々と離脱。

セカンドアルバム発表後、結成2年を待たずしてバンドは解散する。


黒い炎


1971年デビューアルバム「追跡」に収録されている大ヒット曲

和田アキ子がコンサートでのレパートリー曲とした。

この曲懐かしいですね、和田アキ子が歌ってましたね

ようさんからのリクエストで掲載しました。





追跡



posted by かどやん at 15:51| Comment(1) | 1971年のヒット曲
この記事へのコメント
何回聞いてもしびれるサウンド!
なんだけどね〜
ボーカルだけは何とかならんかな〜
これじゃ
カーペンターのカラオケだわな。。。
Posted by ようさん at 2015年04月22日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]