2015年02月17日

ジョン・レノン (ラヴ)

ラヴ


1970年アルバム『ジョンの魂』に収録されているシングルヒット曲

歌詞は、「アクロス・ザ・ユニバース」と同様に松尾芭蕉の句集からインスパイヤされて作ったといわれ、愛の概念について短くシンプルに書き連ねられている。

演奏も、ジョンのアコースティック・ギターと、フィル・スペクターのピアノだけである。

この曲は、ジョンの生前にはシングル・カットされなかった。1982年に初のベスト・アルバム『ジョン・レノン・コレクション』に収録された際、このアルバムからのカット曲として初めてシングル・カットされている

Wikipedia



ジョンの魂



posted by かどやん at 10:51| Comment(0) | 1970年のヒット曲
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]