2019年06月15日

ニール・ヤング(孤独の旅路)

ニール・ヤング(孤独の旅路).jpg


ニール・ヤング


Neil Youngは、カナダ・トロント出身のシンガーソングライター、ミュージシャン。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングやバッファロー・スプリングフィールドのメンバーとしても活躍。

1966年、スティーヴン・スティルスらとともにバッファロー・スプリングフィールドを結成。

脱退後、1969年1月、ファースト・ソロ・アルバム『ニール・ヤング』を発表した。

元々は6人編成のバンドだったザ・ロケッツのうち、ダニー・ウィットン、ラルフ・モリーナ、ビリー・タルボットの3人がニールに見初められて、彼のバックバンドとしてクレイジー・ホースが結成された。

同年5月、クレイジー・ホースと共にセカンド・アルバム『ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース』を発表。

同年6月頃、クロスビー、スティルス&ナッシュに加入した。同グループはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングへと発展した。


孤独の旅路


Heart of Gold(邦題、孤独の旅路)1972年2月1日にリリースされたニール・ヤングの4作目となるソロ・アルバム『ハーヴェスト』(Harvest)に収録されている大ヒットシングル曲

全米1位獲得曲 アルバムも全米1位

Wikipedia

この曲は全米1位で、年間でも1位になった名曲です。

ボブ・ディランがこの曲を初めて聴いたとき、腹を立てたとか嫉妬したとか言われたそうです。

いい曲ですよね、日本のフォークシンガーにも多大な影響を与えたと思える曲です。

ボニーMがカバーしているのには驚きました。歌っているのも男性ではなく女性でした。





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします








ジョニー・キャッシュ


ロクセット


ボニーM


Ruth B.


にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ



posted by かどやん at 13:27| Comment(0) | 1972年のヒット曲