2019年06月07日

ニコレット・ラーソン(溢れる愛)

ニコレット・ラーソン(溢れる愛).jpg


ニコレット・ラーソン


Nicolette Larsonは、アメリカの歌手。1978年にソロ・デビューを果たし、1980年代中期にはカントリーの分野でも活動した。

モンタナ州ヘレナで生まれ、ミズーリ州カンザスシティで育った。

サンフランシスコを拠点として歌手活動を始め、1975年よりコマンダー・コディ&ヒズ・ロスト・プラネット・エアメンのレコーディングやツアーに参加した。

その後ロサンゼルスに移ってセッション・シンガーとしての活動を始め、1977年までにホイト・アクストン、ジェシ・ウィンチェスター、エミルー・ハリス、ジェシ・コリン・ヤング、ニール・ヤング、ロドニー・クロウェル等のレコーディングに参加した。

1978年にワーナー・ブラザース・レコードとの契約を得て、テッド・テンプルマンのプロデュースによるデビュー・アルバム『愛しのニコレット』を発表。


溢れる愛


Lotta Love(邦題、溢れる愛)は、ニール・ヤングが作詞・作曲して1978年のアルバム『カムズ・ア・タイム』で発表した楽曲。

ニコレット・ラーソンによるヴァージョンも、同時期にリリースされたアルバム『愛しのニコレット』に収録され、シングル・ヒットした。

ラーソンのインタビューによれば、この曲はヤングの録音が先で、その録音を聴いたラーソンが、この曲を歌いたいと申し出たところヤングが「これは君の曲だ」と快諾したが、最終的にヤングが心変わりして、自分のアルバムにも収録したという。

ラーソンのヴァージョンはシングル・カットされて、アメリカのBillboard Hot 100で8位に達し、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは1位を獲得した。

Wikipedia

ニコレット・ラーソンは、ウエスト・コーストのキュートな歌姫だそうです。

この曲が収録されているアルバム「愛しのニコレット」は、ドゥービー・ブラザーズ、ニール・ヤング、リトル・フィートなど一流のアーチスト陣がサポートしています。

ニール・ヤングのオリジナルも掲載しました。ヘイリー・ロレンのジャズ調のカバーもいいですね





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ

良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします







ニール・ヤング


シー&ヒム


ヘイリー・ロレン


にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ




posted by かどやん at 13:57| Comment(0) | 1978年のヒット曲