2019年01月23日

イラプション(恋の片道切符)

イラプション(恋の片道切符).jpg


イラプション


Eruptionは、1970年代から1980年代にかけて、ヒット曲を出したイギリスのディスコ、R&B、ソウルのバンド

バンドは1969年にSilent Eruptionとしてイギリスのスクールバンドとして結成され、カリブ出身のミュージシャンで構成されていました。

1975年プレシャス・ウィルソンは1974年にEruptionに名前を変えたが、バッキングシンガーとしてバンドに参加し、RCA Soul Search contestで優勝し、デビューシングル「Let Me Take You Back in Time」がリリースされました。

彼らの成功はすぐに枯渇し、1976年にリードシンガー、リンデルレスリーはグループを去った。

グループはリンガーレスリーに代わることができるシンガーを見つけることができなかったのでプレシャスウィルソンがリードシンガーになりました。


恋の片道切符


One Way Ticketは、ニール・セダカが1959年に発表した楽曲。

アメリカでは『おお!キャロル』のB面としての発売のためヒットしなかったが、日本のみA面で発売され大ヒットした。

セダカ歌唱曲としては珍しい他作曲家による作品。

作詞・作曲はハンク・ハンター、ジャック・ケラー。

歌詞中に「Bye Bye Love」(エヴァリー・ブラザーズ)「Lonely Teardrop」(ジャッキー・ウィルソン)「Lonesome Town」(リッキー・ネルソン)「ハートブレイク・ホテル」「A Fool Such As I」(エルヴィス・プレスリー)など、当時の流行曲の題名を織り込んでいる。

1979年にイラプションがディスコ・アレンジでカバーし全英9位を獲得している。

wikipedia

ニール・セダカの(恋の片道切符)がB面だったとは知らなかったですね!日本では大ヒットしましたが、海外ではヒットしなかったそうですね、しかしイラプションがディスコ・アレンジで大ヒットさせたので、1979年以降は世界中の人が知る名曲になりました。

1991年にZOOが「Choo Choo TRAIN」(チュー チュー トレイン)を大ヒットさせましたが、タイトルはやはりこの曲から取ったのでしょうか

「Choo Choo」(チュー チュー)とは、英語で蒸気機関車の音を表現する擬音、または蒸気機関車そのものを指す幼児語である。つまり「Choo Choo Train」は、日本語で直訳すると「汽車ぽっぽ」に近い。とのことです。

ニール・セダカも掲載しました。





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします






ニール・セダカ


にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


下記にも100曲掲載していますバッド(下向き矢印)

70年80年代ヒット曲動画パート2




posted by かどやん at 16:32| Comment(0) | 1979年のディスコ曲