2017年08月26日

ボズ・スキャッグス(ブレイクダウン・デッド・アヘッド)

ブレイクダウン・デッド・アヘッド


Breakdown Dead Aheadは、1980年ボズ・スキャッグスのアルバム「ミドル・マン」からのシングルヒット曲

『シルク・ディグリーズ』、『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』、そして「ミドル・マン」はAOR三部作と呼ばれ、ボズ・スキャッグスは人気の絶頂を迎える。

プロデューサー、デヴィッド・フォスターの指揮のもと、これまで以上に洗練を極めメリハリの効いたハイセンスなサウンドは、ジェフ・ポーカロ(ds)やデヴィッド・ハンゲイト(b)、スティーヴ・ルカサー(g)、レイ・パーカーJr.(g)らが参加。

「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」(全米15位)、「ジョジョ」(全米17位)がシングル・カットされ、アルバムは全米8位にランキングされた。

Amazonレビュー

ボズ・スキャッグスは元祖AORですが、この曲はロックンロールですね、ノリの良い曲でいい感じです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 12:54| Comment(0) | ボズ・スキャッグス

2017年08月19日

スパイロ・ジャイラ(モーニング・ダンス)

スパイロ・ジャイラ


Spyro Gyraは、1975年にアメリカで結成されたフュージョン・グループである。

代表曲に「モーニング・ダンス」などがある。

現在までに20枚以上のアルバムを出し、1000万枚以上を売り上げ、フュージョン系バンドとしてはもっとも成功を収めたグループの一つであるといわれる。

ニューヨーク州最北端の都市バッファローで、リーダーのサックス奏者、ジェイ・ベッケンスタインが地元仲間のキーボード奏者、ジェレミー・ウォールらとのセッションを経て、1975年にバンドとして旗揚げした。

グループ名は、ベッケンスタインが学生時代の生物の授業でspirogyra(アオミドロ)と書くべき所をspyro gyraと綴りを間違えて書いたことに由来する。

1978年、キーボード奏者トム・シューマン、ヴィブラフォンのデイヴ・サミュエルズ等と共にファーストアルバム、Spyro Gyra を Amherst Records よりリリース、初回プレスはわずか500枚であったが、反響を呼び20万枚を超すヒットとなった。


モーニング・ダンス


1979年には代表作となるセカンドアルバム Morning Dance を MCA Records より発表する。

ビルボードのポップチャートを上昇して70万枚以上のセールスを上げ、ゴールド・ディスクも獲得した。

タイトル曲はこのシーンでは珍しいカリプソ調の曲であったが、現在もなお高い人気を保っている。

wikipedia

カリプソ調とは、カリブ海の音楽のスタイルということで、この曲も南国、トロピカルの感じがすごくよく出ています。

モーニング・ダンスですので、休日の朝にでもこの曲を聴いたら、爽やかな良い気分になれそうですよ

日本でもフュージョンが流行っていた時代があり、私もその当時、このアルバムをよく聴いた記憶があります。

1979年のスパイロ・ジャイラの動画と1998年のスパイロ・ジャイラの動画を掲載しましたが、1998年はジャズ調でこれもまたすごくいいですね





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします





にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング

posted by かどやん at 13:32| Comment(0) | 1979年のヒット曲