TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年03月07日

トミー・ショウ(恋の標的)

トミー・ショウ


Tommy Shawは、アメリカのミュージシャン、ロック・ギタリスト、歌手、作曲家。

1970年代から活躍し、特にスティクス、ダム・ヤンキース、ショウ・ブレイズなどでの活動が著名。

数多くのローカル・バンドでプレイした後、スモーク・リング (The Smoke Ring) に加入。

その後バンドはMSファンクと名を変えてシカゴを拠点に精力的に活動した。

3年ほどプレイした頃、バンドはマネジメントの計らいにより、ツアーでシカゴを訪れたスティクスと対面する機会を得る。

やがてMSファンクが解散し、故郷モンゴメリーにもどったショウは再び地元の仲間とローカル・バンドでのプレイに明けくれた。

その頃、スティクスのギタリスト兼シンガーであったジョン・クルレウスキがワールド・ツアーの直前になってグループを脱退。

あわてたスティクス側は大急ぎで後任を探すことになる。

毎日地元のボウリング場で演奏していたショウは、 スティクスのメンバーがシカゴでの対面を覚えていたこと、MSファンクでのプレイを高く評価していたこともあり、スティクス側に白羽の矢を立てられて呼び出され、形ばかりのオーディションを経てすぐに正式採用された。

1983年にバンドを脱退、1984年にソロデビューした。


恋の標的


『ガールズ・ウィズ・ガンズ』(Girls with Guns) 「邦題、恋の標的」は、1984年トミー・ショウのデビューアルバム「ガールズ・ウィズ・ガンズ」からのタイトル&シングルヒット曲

wikipedia

トミー・ショウが加入していたスティクスは、日本で大ヒットした「ミスター・ロボット」などが有名な曲です。

トミー・ショウがスティクスに加入したことで、大ヒットが数多く生まれたようです。

この曲は大ヒットした曲ではないですが、いい曲ですよ



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Girls With Guns/ What If

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 15:47| Comment(0) | 1984年のヒット曲