TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年06月23日

KC&ザ・サンシャイン・バンド(ギヴ・イット・アップ)

ギヴ・イット・アップ


Give It Up1983年KC&ザ・サンシャイン・バンド10作目のアルバム「KC Ten」に収録されている大ヒット曲

全米18位、全英1位獲得曲

この曲はKC&ザ・サンシャイン・バンドの曲というよりKCのソロのようです。VEVO動画でもKCになっていました。

いい曲です!



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ベリー・ベスト・オブ KC&ザ・サンシャイン・バンド<ヨウガクベスト1300 SHM-CD>

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 13:17| Comment(0) | 1983年のディスコ曲

2017年06月16日

ティナ・チャールズ(Oh!クッキーフェイス)

Oh!クッキーフェイス


Cookie Faceは、1977年ティナ・チャールズのシングルヒット曲

日本では、夏目雅子が出演したカネボウのCMで有名になった。

また夏目雅子自身もこの曲をカバーした。

本人が歌っている動画はありませんでした。曲をお楽しみください。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします









にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動ブログランキング
posted by かどやん at 14:57| Comment(0) | 1977年のヒット曲

2017年06月11日

キャロル・ダグラス(マイ・シンプル・ハート)

キャロル・ダグラス


Carol Douglasは、アメリカのソウルミュージック、ディスコミュージック系の黒人女性歌手。

"Doctor's Orders" のヒット(1974年) によって、この分野での魁、先駆者と看做されている。

wikipedia


マイ・シンプル・ハート


1981年のディスコヒット曲です。

1979年スリー・ディグリーズのヒット曲、マイ・シンプル・ハートのカバーである。

スリー・ディグリーズの動画も掲載しました。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします









にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング
posted by かどやん at 13:17| Comment(0) | 1981年のディスコ曲

2017年06月06日

ボン・ジョヴィ(ウォンテッド・デッド・オア・アライブ)

ウォンテッド・デッド・オア・アライブ


Wanted Dead or Aliveは、1986年8月25日リリースのボン・ジョヴィ3枚目のスタジオ・アルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」に収録されているシングル大ヒット曲

全米7位

アルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(邦題・Wild In The Streets、原題・Slippery When Wet)は、アルバム製作に当たり30曲ほどの曲を用意し、収録曲の選曲に関しては彼らの地元ニュージャージー州やニューヨーク州の10代の若者に曲を聴かせた反応を参考にしたという。

リリース後、ボン・ジョヴィ初となる全米ビルボードチャート1位を獲得。

その後8週間チャート1位をキープした。

また、シングルも「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name )と「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)が全米ビルボードシングルチャート1位となった。

アメリカだけでも1,200万枚をセールスし、トータルでは2,800万枚セールスしたとされており、ボン・ジョヴィは一躍世界にその名が知れ渡ることになった。

アルバム・タイトル、原題が『Slippery When Wet』と決まる前には、タイトル候補として『ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ』(Wanted Dead Or Alive)があり、ディスクジャケットも作成されていた。

その他『ガンズ・アンド・ローゼズ』(Guns N' Roses)もタイトル候補であったが、既に同名のバンド(ガンズ・アンド・ローゼズ)が存在していることを知り、最終的に『Slippery When Wet』を採用したことを後にジョン・ボン・ジョヴィ(Jon Bon Jovi)がインタビューで述べている。

邦題にはアルバム収録曲である『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』が採用された。

wikipedia

『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』はボン・ジョヴィのアルバムの中で最高傑作ではないでしょうか、全米1位が2曲、7位が1曲、全世界で2800万枚売り上げています。

この曲は2つの映画に使用されています。

映画『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』のオープニングテーマ曲になっています。動画ありました。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ワイルド・イン・ザ・ストリーツ+3

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング




posted by かどやん at 13:17| Comment(0) | ボン・ジョヴィ

2017年05月28日

ヤズー(ドント・ゴー)

ヤズー


Yazooは、80年代に人気を博したイギリスのシンセポップデュオ。

ヤズーは、Vince Clarke(ヴィンス・クラーク)とAlison Moyet(アリソン・モイエ)の二人によって、1981年イギリスのエセックスで結成された。

ヴィンス・クラークは1960年7月3日生まれ、イギリスのロンドン出身。キーボード担当。

テクノ・サウンドを得意とした。以前はDepeche Mode(デペッシュ・モード)の結成メンバーであり、作詞・作曲を手がけていた。

アリソン・モイエは1961年6月18日生まれ、イギリスのエセックス出身。ヴォーカル担当。

ブルーアイド・ソウルの魅力的な歌声の持ち主だった。

イギリスではMute Records(ミュート・レコード)と契約、アメリカではYazの名前でSire Records(サイアー・レコード)と契約した。

2枚のスタジオアルバムを発表し1983年に二人は解散を発表した。


ドント・ゴー


Don't Goは、1982年ヤズーのセカンドシングル

全英チャート3位の大ヒット曲

ファーストアルバム「Upstairs at Eric'sアップステアーズ・アット・エリックス」に収録されている。

wikipedia

この曲は、アメリカのダンスチャートで1位になっていますので、その当時のディスコで大人気だったようです。

Yazooは、zをhにしたらヤフーですよね



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




Upstairs at Erics

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 17:05| Comment(0) | 1982年のディスコ曲