TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年01月17日

アニタ・ウォード(リング・マイ・ベル)

アニタ・ウォード


Anita Wardは、アメリカの歌手・音楽家。 なお、日本では一般的にアニタ・ワードと表記されてきた経緯がある。

テネシー州メンフィスに5人きょうだいの長女として生まれる。

2歳から人前で歌いはじめたとされるほど早くから音楽に興味を持ち、少女時代はメンフィスの様々な教会で独唱者として活動していた。

地元のサウスサイド高校を経て、合同メソジスト教会傘下のラストカレッジに入ると、のちのマネージャー・共同制作者になる同大学の理事チャック・ホームズと出会う。

チャックはある日、新入生のアニタがキャンパスを歩きながら歌っているのを耳にした。

その歌声に感銘を受けたチャックがアニタに声を掛けたのがプロデビューのきっかけとなる。

大学在学中はア・カペラ合唱団に所属し、ゴスペル・カルテットとしてレコーディングに参加している。


リング・マイ・ベル


アニタのプロデビューのための曲作りとレコーディングを進めていたチャックは、音楽プロデューサー・シンガーソングライターのフレデリック・ナイトにアニタを紹介した。

チャックの例に漏れずアニタの歌声に感銘を受けたフレデリックは、ステイシー・ラティソウのために書き上げた楽曲を惜しまず提供する。

しかし、当時まだローティーンであったステイシー・ラティソウに合わせた歌詞にアニタは気が乗らず、詞の内容は書き直された。

また、バラードを歌うつもりでいたのを押し切ってフレデリックは賭けに出た。

こうして完成させたのがディスコソング「リング・マイ・ベル」である。

同曲は1979年5月にリリースされ、同年夏にはBillboard Hot 100をはじめ全米1位を記録し大ヒットとなった。

同曲はこれまで多くのアーティストによって、サンプリングやリミックス、カバーされ受け継がれている。

wikipedia

この曲まだ掲載していなかったんですね!この曲は有名なディスコ曲です。その当時よくディスコで流れていて、人気が高かったです。

全米1位ですので、良い曲です。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


リング・マイ・ベル [EPレコード 7inch]

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 15:57| Comment(0) | 1979年のディスコ曲

2017年01月11日

エイス・ワンダー(ステイ・ウィズ・ミー)

エイス・ワンダー


Eighth Wonderはイギリスのバンド

1985年デビュー。

当時17才だったパッツィ・ケンジット(Vo)を中心に、パッツィの実兄であるドラムのジェイミーが1983年に結成したスパイスを前身とする6人組。

パッツィはイギリスでは既に女優として活躍し、デビュー直前まで準主演の映画「ビギナーズ」を撮影していた。

最終的にメンバーは4人となり、その後もシングル「浮気なテディ・ボーイ」を発表。

しかし、パッツィが女優としてのキャリアを優先させたいとの希望で実質上解散状態である。

その後、パッツィは映画『リーサル・ウェポン2』などに出演するなど、女優として活躍している。


ステイ・ウィズ・ミー


Stay with Meは、エイス・ワンダーが1985年にリリースしたデビュー曲。

本国イギリスのシングルチャートでは、65位止まりであったが、イタリアのチャートで1位、日本のオリコン洋楽シングルチャートで1986年4月14日付から8週連続1位を記録するなど、他国で大ヒットした。

日本ではフジテレビのキャンペーンソングにも使われた。

wikipedia

パッツィ・ケンジットは美人ですね!

日本では、『MTV』などのPV番組が続々放送を開始した時期と重なり、PVで超ミニスカートを着用して歌うパッツィがアイドル的な扱いをされて人気が高まり、洋楽チャート1位を獲得した。
とのことです。



にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ブリリアント・ドリームス

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 15:16| Comment(0) | 1985年のヒット曲

2017年01月08日

ルーサー・ヴァンドロス(ストップ・トゥ・ラヴ)

ルーサー・ヴァンドロス


Luther Vandrossは、アメリカのR&B歌手である。

バックアップボーカルでの活動が評判となり、ゲストとしてチェンジ等のアルバムの一部でメインボーカルを担当し、1976年にソロデビューにたどり着いた。

1980年代のいわゆるブラコン(ブラック・コンテンポラリー)の第一人者のひとりであり、歌手としてだけではなく、サウンドクリエイターとしても知られる。

ヴァンドロスは、ダイアナ・ロス、ロバータ・フラック、ゲイリー・グリッター、カーリー・サイモン、チャカ・カーン、トッド・ラングレンのユートピア、ドナ・サマー、ベット・ミドラー、シック、バーブラ・ストライサンド、デヴィッド・ボウイらのバック・ボーカルを務めた。

ヴァンドロスは 1970年代後半から 1980年代前半までに、立て続けにヒット・シングルに貢献し、1970年代後半には人気セッション・シンガーとしての地位を築いた。


ストップ・トゥ・ラヴ


Stop to Loveは、1986年アルバム「ギブ・ミー・ザ・リーズン」に収録されているヒット曲

R&B チャートでのナンバー 1 ヒット

wikipedia

ルーサー・ヴァンドロスは、70年代、80年代後半まで全米TOP10に入る曲はなく、大ヒットには恵まれませんでしたが、89年から90年代前半にかけて大ヒット曲を何曲も出しています。

その中で、マライア・キャリーとのデュエット曲「エンドレス・ラブ」(ライオネル・リッチーとダイアナ・ロスのカバー)があるんですね!



マライア・キャリー&ルーサー・ヴァンドロス(エンドレス・ラブ)はこちら

にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Give Me the Reason

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 16:04| Comment(0) | 1986年のヒット曲

2017年01月07日

ザ・ソフトーンズ(好きにならずにいられない)

ザ・ソフトーンズ


The Softonesは、AVCOが第二のスタイリスティックスを期してデビューさせたヴォーカル・トリオ


好きにならずにいられない


Can't Help Falling In Loveは、エルヴィス・プレスリーの「好きにならずにいられない」のカヴァー

1973年のヒット曲

ザ・ソフトーンズについては、あまり情報がないので詳細は多く書けませんが、この曲を見つけてすごく良いと思ったので掲載しました。

スタイリスティックスが歌っているのかと、勘違いしそなくらい似ていますが、でもこのカヴァーはいいですね!スイートソウルというだけあって、非常にあまい歌い方です!



コリー・ハートの(好きにならずにいられない)はこちら

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ザ・ソフトーンズ(紙ジャケット仕様)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 15:49| Comment(0) | 1973年のヒット曲

2017年01月05日

スレイド(カモン!!)

スレイド


SLADEは、1966年にイギリスウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトンで結成されたロックバンドである。

1970年代にはグラムロックブームの一翼を担いつつヒット・チャートを席巻し、1980年代に入っても人気を得た。

現在はハード・ロックバンドとしての評価もされている。

イン・ビトゥインーズ(N'Betweens)名で1966年結成。

同年キム・フォウリーのプロデュースでシングルをリリースしているが、この時点では単発に終わる。

その後元アニマルズのチャス・チャンドラーに見出され、1969年アンブローズ・スレイド(Ambrose Slade)名義でファースト・アルバム『ビギニングス(Beginnings)』を発表。

このアルバムはスレイドのディスコグラフィーでもファースト・アルバムとして扱われている。

ここまではビート・ロックやサイケデリック・ロックの影響下にあるサウンドを聴かせていたが、チャンドラーの指導によりイメージ改革に乗り出すこととなる。

スレイドへ改名し、派手な衣装をまとい、ポップなメロディーに豪快かつタイトなリズムを合わせたサウンドを創出。

ティーンエイジャーから厚い人気を得るようになった。


カモン!!


Cum on Feel the Noizは、1973年の大ヒット曲

全英1位獲得曲

wikipedia

調べてみましたが、この曲がどのアルバムに収録されているのか、わかりませんでした。ベスト盤には収録されていました。

スレイドは、アメリカでは人気が出なかったようです。イギリスでは何曲も1位になっています。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


Feel The Noize: Greatest Hits (UK)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ランキング


posted by かどやん at 14:37| Comment(0) | 1973年のヒット曲