TOP 70年80年代ヒット曲動画パート2

2017年10月15日

ゴー・ウエスト(ウィ・クローズ・アワ・アイズ)

ゴー・ウエスト


Go Westはイギリスの音楽グループ。

ピーター・コックス、リチャード・ドラミーからなるデュオ。

1985年にデビュー曲の「ウィ・クローズ・アワ・アイズ」がヒット、新進のブルー・アイド・ソウルのデュオとして注目され、来日した際には『夜のヒットスタジオ』にも出演した。


ウィ・クローズ・アワ・アイズ


We Close Our Eyesは、1985年ゴー・ウエストのデビューアルバム「Go West」に収録されているヒット曲

wikipedia

この曲は全英5位の大ヒットでしたが、全米では41位まででした。いい曲ですけどね



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




Go West

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 14:05| Comment(0) | 1985年のヒット曲

2017年10月07日

ジョニー・マティス&デニース・ウィリアムス(涙のデュエット)

ジョニー・マティス


Johnny Mathisは、アメリカのポピュラー音楽の歌手。テキサス州出身。

マティスはサンフランシスコ州立大学時代に、当時のオリンピック記録にあと数センチという記録を持つ高飛びの有望な選手であった。

地元のクラブで歌っているところをスカウトされ、1958年に初めてのシングルレコード「ワンダフル! ワンダフル!」が大ヒットを記録した。

半世紀に渡り、全米を代表するポップ・シンガーとして人気を維持し続けている。

wikipedia


涙のデュエット


Too Much, Too Little, Too Late は、1978年アルバム「ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ」に収録されている大ヒット曲

全米1位獲得曲

デニース・ウィリアムスとのデュエット曲で、ソウルのバラード曲ですね、いい感じです。





にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ユー・ライト・アップ・マイ・ライフ

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 13:15| Comment(0) | 1978年のヒット曲

2017年09月30日

レイ・パーカーJr.(ユー・キャント・チェンジ・ザット)

ユー・キャント・チェンジ・ザット


You Can't Change Thatは、1979年レイ・パーカーJr.&レイディオのセカンド・アルバム「ロック・オン」に収録されている大ヒット曲

全米9位/R&B3位獲得

この曲のバンド名はレイディオで、その後レイ・パーカーJr.&レイディオとして1981年まで活動し、1982年はレイ・パーカーJr.がソロになっています。

レイディオ時代も大ヒット曲が何曲かありますね



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします


ロック・オン(紙ジャケット仕様)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング


posted by かどやん at 13:33| Comment(0) | レイ・パーカーJr.

2017年09月21日

ジョージ・ベンソン(愛のためいき)

愛のためいき


Feel Like Making Loveは、1983年ジョージ・ベンソンアルバム「In Your Eyes」邦題ユア・アイズからのシングルヒット曲

ジャズ・フュージョンのギタリストとしてスタートしたジョージ・ベンソン、1976年アルバム「ブリージン」からヴォーカルでも成功し、その後ヒット曲を連発しました。

この曲は、1975年ロバータ・フラックの(愛のためいき)のカバーで、日本でもヒットしたと思います。

動画を見てもわかるように、ノエビアのCM曲に使用されましたので、聴いたことがあると思う人も多いと思います。



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




ユア・アイズ(紙ジャケット/SHM-CD)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング



ロバータ・フラック

posted by かどやん at 12:53| Comment(0) | ジョージ・ベンソン

2017年09月15日

クイーン(手をとりあって)

手をとりあって


Teo Torriatte (Let Us Cling Together)(てをとりあって レット・アス・クリング・トゥゲザー)は、イギリスのロック・バンド、クイーンの楽曲。

作曲はブライアン・メイ

クイーンが1976年に発売したアルバム『華麗なるレース』の結びの曲として収録され、1977年に日本国内限定でシングルとしてリリースされた。

曲名、また曲中のサビの一部に日本語が使われていることで有名。

この部分は来日時に通訳を担当していた鯨岡ちかがフレディの依頼を受け英語だった歌詞を翻訳して完成した。

本来のローマ字の綴り方ならば「TEO TORIATTE」のはずなのだが、なぜか発表当初からRが重なっている。

これにはフレディの強い希望があっての事らしい。

wikipedia

クイーンは、日本から人気が出たそうです。その感謝を込めてこの曲を作り、そして一部を日本語で歌ったそうです。1975年に初来日していますが、そのとき日本では凄い人気だったようですね、その動画がありました。

Queenの手をとりあってってどういう曲なのか教えてください!



にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
良い曲だと思った人は左斜め上カッチとお願いします




華麗なるレース(リミテッド・エディション)





にほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ
音楽動画ブログランキング
posted by かどやん at 13:11| Comment(0) | クイーン